2009年11月27日

銀座アスター 新宿賓館 リニューアル

銀座アスター新宿賓館のオープニングセレモニーに参加させてもらった。銀座アスター新宿賓館は、ビルの建て替えの影響で数年間休業していたが、ようやく工事が終了し、11/20リニューアルオープンとなった。新宿賓館は、僕にとっては特別な店だ。母が常連だったせいで、昔はよく連れられて食べに行った。ここ数年はビルの建て替え中で行けなかったが、両親が上京しても他の銀座アスターに行く話にはならない。やはり我が家で銀座アスターといえば新宿賓館になってしまう。

銀座アスター新宿賓館 リニューアル

銀座アスター新宿賓館 料理長
昔の新宿賓館は、ビルの1階と2階にあった。ふかふかの赤いジュウタンが印象的な高級感のある内装だったが、1階にあるせいか、意外と入りやすい店舗だった。料理も当時にしてはかなりおいしかったと思う。客を見て味付けを微妙に変えたりするので、その緻密な調理にはいつも驚かされた。

新宿賓館はサービスもよかった。行くと必ずなにかお土産をくれたし、オーダミスした皿を「ごめん、食べて」と、こっそりテーブルに置いていったりした。まるで近所の中華屋のようだ。そういう親身なサービスと高級店のイメージとのギャップも面白かった。

まずは「銀座アスター83年の歩み」をスライドを使って説明。はじめはシュウマイが売りの店で、「アスターのシューマイ」と書かれた車で配達していたという。それから徐々に本場の中国料理を取り入れていって、現在のような高級店になっていった。そしてまた、ターニングポイントを迎えようとしている。銀座アスターは、よりリーズナブルな店への転換を図るそうで、新宿賓館はその最初の店という位置づけになる。今回のオープニングセレモニーはそういう意味でも重要なセレモニーだった。

紹興酒

前菜
料理長の挨拶と料理説明の後、食前酒、醸造酒3種のテイスティングセットが運ばれてきた。純米酒の洞窟内熟成10年、紹興酒の10年、紫もち米の黒杜酒。なんと紹興酒と純米酒の飲み比べだ。これがまた、系統が似ていて面白い。こういう飲み比べをやると、日本酒とか紹興酒とか、そういう区分も意味をなさないのではないかと思えてくる。

彩り豊かな前菜が運ばれてきた。前菜は、料理長のおまかせ前菜の盛り合わせ。シンプルで軽めの味付けで、なかなかうまい。銀座アスター日本橋賓館でも似たようなものが出てくるが、新宿賓館も悪くない。今日の料理はかなり期待できそうだ。

子豚の丸焼き

子豚の丸焼き

子豚の皮

子豚の皮

北京ダック風
大菜は、広東明菜、子豚の丸焼き。会場に丸焼きを持ってきて、各テーブルに見せて回るあたりはさすがのサービス精神。プレス発表ということで、もちろんカメラマンさんはいるが、テーブルでも写真を撮る人がチラホラいた。以前は食事会でも、ブロガーは写真ばかり撮っているイメージがあったが、今時ブロガーじゃない人もかなり料理写真を撮っている。あれはどこにUPするのだろうか。mixiとか食べログとかに何か書いているのだろうか。

子豚の丸焼きは、皮がパリパリとして、うまい。北京ダックのように包んで食べるのも面白い。銀座アスターは、伝統的な中国料理だけでなく、多くの勉強会を開いたり研究を重ね、新たな料理を創造している。値段もリーズナブルになり、昔のアスターとは全く違った店に変貌しようとしている。


■店名:銀座アスター新宿賓館
■住所:東京都新宿区新宿3-5-4レインボービレッジ5F
■電話:03-3351-4351
■営業時間:11:30~22:00
■定休日:年始


大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/622

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)