2010年09月27日

ちかっぱ 六本木

九州の食材を使用した郷土料理を提供する店、「ちかっぱ」。新宿、銀座に続いて、8/26六本木に新店がオープンしました。「ちかっぱ」とは、「ものすごい!」という意味の九州の方言。新宿、銀座と、コンセプトの異なる店舗を展開して、「ものすごさ」をアピールしてきました。六本木は、「はかた炊き餃子」と「肥皇豚のつゆしゃぶ」を売りにしています。「はかた炊き餃子」は、最近博多の一部で流行り始めているレアなメニュー。こういうものをいち早く見つけてくるのが、ちかっぱらしいところです。新宿、銀座同様、今回もブロガー試食会の企画を一緒に行うことになりました。知り合いのブロガーさん7人をお誘いして、六本木のちかっぱへと向かいしました。

10091701

10091702

10091703
阿蘇、うぶやま村直送の馬刺し。冷凍だと味が落ちるので、チルドで空輸しているというこだわりよう。東京で食べる馬刺しは、味が「?」なことが多いですが、ちかっぱでは、現地と同じ味を楽しむことができます。部位は、赤身、ふたえご、たてがみ。熊本出身の人も納得のクオリティだと思います。

旬野菜も、もちろん九州の産直。色彩が鮮やかですね。紅しぐれ、甘辛ピーマン、赤瓜、肥後むらさき、赤おくら、島おくら、ホワイトゴーヤなど珍しい野菜もあります。特に面白かったのは、甘辛ピーマンでしょうか。ピーマンなのに甘辛。これは一度食べてもらいたいと思います。

赤牛のレバー刺し。肥後の赤牛は、「肥後ビーフ」と呼ばれ人気です。赤牛は山野に放牧されていて、阿蘇を車で走っていると、いつも目にします。大草原でのんびりと草を食べて育った牛は、ヘルシーと評判です。このレバー刺しも、臭みがなく、ほんのり甘みを感じるフレッシュなおいしさでした。

10091704

10091705

10091706

10091707
大島地ビール「恋のオランダ坂」は、酵母が生きたままの鮮度の高いビールです。華やかな香りと喉ごしのよさがいいですね。ちかっぱ六本木に来たら、これは飲んでおくべきです。

炙り鶏皮のゆずマリネは、カリッっとした鶏皮がサラダの中に隠れています。食感が楽しい、ちかっぱ六本木のお通しのような品です。

大分名物のとり天。タバスコならね、「かぼすこ」いう謎の調味料でいただきます。もちろんこれは、大分名産のカボスをベースにした調味料。とり天は、ポン酢や酢醤油などにつけて食べることが多いですが、ポン酢にはカボスが使われます。そういう意味では、「かぼすこ」で食べるのも理にかなっているのではないでしょうか。ちなみに、大分では、とり天が全国共通の料理だと思っている人が多いようですが、大分以外で(九州の他県でも)食べる機会はほとんどありません。東京でも、ちかっぱ六本木以外にメニューに載せている店が何軒あるでしょうか。意外と食べる機会の少ない郷土料理だと思います。

10091708

10091709

10091710

10091711
メインの1つめ、肥皇(ひおう)豚のつゆしゃぶです。熊本のミアム豚「ひごさかえ豚 肥皇」を使用しています。肥皇豚は、麦類等を加えた飼料を多く与えるため、肉質の柔らかい肉になるんだそうです。脂身は多めですが、さっぱりとしています。アゴと鰹のきいたスープと、つけ汁には出汁をつけます。この食べ方が絶妙。ちかっぱ六本木で一番のメニューではないでしょうか。

酒は、やはり焼酎が揃っています。シェリー樽で熟成したという米焼酎「樽いきいき」などを飲みました。ブロガー企画なので、5~6本用意して、勝手に飲んでくださいというスタイルでした。僕が一番気に入ったのが、この「樽いきいき」。微かなシェリー香が、焼酎の香りと不思議な組合せ。クセになりそうです。

10091712

10091713

10091714
メイン2品目、はかた炊き餃子です。普通は肥皇豚のつゆしゃぶとどちらかを選ぶことになります。博多の一部で、今爆発的な人気になっているそうですが、今回はじめて食べました。もちろん、ちかっぱ六本木が関東ではじめてメニュー化したそうです。納得のいく餃子を作れる業者がいなかったということで、外注を断念。店内で全て手作りしているという、こだわりの餃子です。スープは、はかた地鶏の鶏ガラを丸1日コトコト煮て、地鶏の旨みを最大限に引き出し、豚骨スープとミックスして作った極上スープ。シメはラーメン。博多ラーメンよりもやや太めの九州の細麺。極上スープにぴったりです。

10091715

10091716

10091717
デザートは、大宰府名物の梅ヶ枝餅と、西通りプリン。福岡出身の僕としては、懐かしいデザートです。最初から最後まで、これでもか!というほど九州のうまいものを食べつくせる店です。来月もう1回、ブロガーイベントを企画しています。第1回は終電を逃しそうになるほど、みんなよく食べ、よく飲みました。次回はまた違ったメニューだそうなので、今から楽しみにしています。

九州のお取り寄せダイニング ちかっぱ 六本木

ちかっぱ 新宿 銀座 六本木

【参加ブログ】
・油屋ごはん:九州のお取り寄せダイニングちかっぱ【六本木】

・放送作家はっぴーふーみん 行列★日記:開店!「ちかっぱ 六本木」

・うまハッピーな日々:九州のお取り寄せダイニング ちかっぱ@六本木

・今日もおいしいものを求めて:九州のお取り寄せダイニング ちかっぱ 六本木(六本木) 肥皇豚のつゆしゃぶ & はかた炊き餃子

・グルメ&ビューティ トレジャーハンター:九州のお取り寄せダイニング ちかっぱ 六本木

・馳走に屋号に意匠あり:九州お取り寄せダイニング「ちかっぱ」で 九州うまかもんぷち旅行

・東京のむのむ:ちかっぱ 六本木店

・くにろぐ:ちかっぱ 六本木/ちかっぱ 六本木 2


■店名:九州のお取り寄せダイニング ちかっぱ 六本木
■住所:東京都港区六本木4-6-7 六本木4丁目ビルB1
■電話:03-5775-6571
■営業時間:ランチ11:30~15:00(L.O.14:15)、ディナー17:00~24:00(L.O.23:00)、金曜17:00~05:00(L.O.04:00)、土曜17:00~24:00(L.O.23:00) ※土曜日はディナーのみ
■定休日:日・祝


大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/757

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)