2012年09月25日

大阪 串かつ てんぐ

串かつ てんぐ
ホテルにチェックインして、荷物を置いて夜の街に繰り出すことにした。大阪で夕食を食べるのはこの日だけなので、何か大阪らしいものを食べておきたい。大阪らしい食べ物ということになると、お好み焼きとか串かつとかになるのだろうか。お好み焼きは昨年食べたので、今年は串かつかな。特に予定もないので街をブラブラして、気になった店に入ることにしよう。というわけで、とりあえず新世界に出てみることにした。

串かつ
串かついろいろ

エビフライ
エビフライ(420円)

通天閣の目の前にある有名な串かつの店「だるま」は、いつも大行列にあきれてしまう。今回もすごいんだろうなと思って見に行ってみると、なんといつもより行列が短い。10人くらいしか待ってないじゃないか。これはチャンスだと思って行列に加わろうとすると、「もう終わりです」というようなことを関西弁(何と言われたか忘れた)で言われてしまった。ホームページには21時までと書いてあったので油断していたが、材料切れだろうか。やっぱり有名店はそういうものなのか。

もうひとつ気になる店があった。こちらも有名な串かつの「てんぐ」だ。いつも行列している人気店だが、この時間は行列がなかった。真っ白な長い暖簾をくぐる。席を探して店内を見渡すと、コワモテ風なお兄さんに「ちょっと待ってな」と言われた。文字にするとほんとに怖そうだが、関西弁のアクセントで言われるとそれほどでもない。そしてたまたまそのお兄さんの前の席があいて座ることができた。

この人がかなりデキル人であることはすぐに分かった。仕事が素早く、気が利いていて、見た目と違って実は優しい人だ(失礼)。揚げ方もたぶんその時いた店員さんの中でも一番ではないかな。寿司屋でもバーでもそうだが、デキル人の前に座るのはすごく大事なこと。といってもそんなの選べないのが普通だし、初見で判断できないことも多いのでどうしようもないけれども。この日はたまたまこの店員さんの前の席が空いてラッキーだった。

どて焼き
どて焼き(100円)

キャベツ
キャベツは無料。誰のキャベツかは決まっていないので、近くにあるものを食べる。

串かつのメニューはどて焼き(100円)、串かつ(100円)など全部で14種類しかない。そのうち100円が5種類、200円が7種類。ほぼ全てが100円か200円という安さ。メニューの数は多くないがサクッっと飲むにはこのくらいで十分だ。店の雰囲気も明るく、お客さんもいい。これは東京にはないタイプの心地のいい店だ。

串かつはどれも素晴らしくうまかった。何を食べても間違いはないが、中でもエビフライ(420円)は特におすすめ。値段は他の串よりも高いが、そんなこと感じさせない満足感があった。それと忘れちゃいけないのが、どて焼き(100円)。これはこの店で真っ先に注文すべきだと思う。今まで食べた中で一番記憶に残るどて焼きだった。

僕らは最後の方の客だったので、途中から片づけを見ることができた。ネタケースからはじまって隅から隅までどんどん水を流して洗っていく。キチンと丁寧に徹底的に洗う。この姿勢はいいなあ。やっぱり料理屋はこうでないと。串かつは庶民の味だし安い店なので、もっといい加減なものを想像していた。他の店はどうなのか知らないが、てんぐに関しては清潔でキチンとした店だと思う。

帰り際、店のすぐ外で喧嘩がはじまった。今から外に出るのに面倒だなと思っていたら、店員さんと常連さんが「またやってるよ」と笑ったりしている。縄張り争いか何かで、時々小競り合いがあるようだ。なんか大阪っぽくて面白い。大都市なのに昔ながらの雰囲気を残している。こういうのは東京にはあまりないことだと思う。


■店名:てんぐ
■住所:大阪府大阪市浪速区恵美須東3-4-12
■電話:06-6641-3577
■営業時間:10:30~21:30(L.O.21:00)
■定休日:月曜日


大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/923

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)