2012年12月26日

ル・マンジュ・トゥー 神楽坂 フレンチ

ル・マンジュ・トゥー
昨年のクリスマスはミシュラン二つ星の「ル・マンジュ・トゥー」を訪問した。小さく控えめな店で、心のこもった料理を供する。クリスマスなのに7組しかとらないという姿勢には好感が持てた。今年は日本料理&ビストロにいったのだが、同じクリスマスでも印象はまた全然違う。それぞれの店の考え方やスタンスが出てくるのも、こういうイベントの特徴なのかもしれない。

ル・マンジュ・トゥーオーナーシェフの谷氏は、アルザスの三ツ星クロコディルなどで修業し、帰国後六本木オー・シザーブルなどでシェフを務めた。1994年、神楽坂にル・マンジュ・トゥーをオープン。ミシュランガイドで二つ星を獲得した。

自家製シャルキュトリー(バスク豚のサラミ・生ハム・ソーセージ)
自家製シャルキュトリー(バスク豚のサラミ・生ハム・ソーセージ)

函館産帆立貝の軽いムース トリュフソース
函館産帆立貝の軽いムース トリュフソース

ランド産フォアグラのテリーヌ
ランド産フォアグラのテリーヌ

オマール海老のムニエルとそのジュ
オマール海老のムニエルとそのジュ

ブルターニュ産うずら トリュフとうま味をとじ込めたキャベツ包
ブルターニュ産うずら トリュフとうま味をとじ込めたキャベツ包

店に入ると、谷シェフが笑顔で迎えてくれた。二つ星のフレンチにしては華美な豪華さはなく、どちらかというとビストロのように小ぢんまりとしている。店は広くはないが、席数が少ないのでゆったりとしている。店内は全体的に控えめな印象だ。

昨年は、12月23日~25日の3日間は1日7組(14名)限定のクリスマススペシャルメニュー(15,750円(税込・10%サービス料別))になっていた。1回転だけということで後のお客さんがいないので、時間を気にせず食事ができるのもいい。

考えてみれば、クリスマスや記念日の食事で、時間を気にしないといけないというのはちょっとさみしい。こんな日くらいゆっくり食事したいと思うけれども、お店からすると稼ぎ時のクリスマス。2回転くらいはしたいと思うのが普通だろう。それをたった7組限定にするというのは、なかなかできることじゃない。


函館産帆立貝の軽いムース トリュフソース、ランド産フォアグラのテリーヌ、オマール海老のムニエルとそのジュ、ブルターニュ産うずら トリュフとうま味をとじ込めたキャベツ包、鱈のポワレ 白子のソース、短角牛リブロースのロース。この値段でこれだけの料理が出せるというのはすごいことだ。

鱈のポワレ 白子のソースで
鱈のポワレ 白子のソースで

短角牛リブロースのロースト
短角牛リブロースのロースト

苺のエスプーマのカクテル
苺のエスプーマのカクテル

2011聖夜に贈るホワイトチョコレートケーキ
2011聖夜に贈るホワイトチョコレートケーキ

最後にクリスマスケーキがついているのいい。ル・マンジュ・トゥーは普通の日でも、ランチ5,800円、ディナー12,600円くらいでこのクラスの店にしてはかなり安い。この日出された料理のボリュームと食材の質を考えても、コスパはかなりいいと思う。あまりかしこまらずに気軽に普段使いしたい店だ。そうするとこの店のよさがもっとよく分かるような気がする。昨年から第1、3、5土曜日は震災復興支援ランチを提供し、売上の20%を義援金として被災地へお贈っているという。まずは土曜日出掛けてみるのもいいかもしれない。


■店名:ル・マンジュ・トゥー(Le mange-Tout)
■住所:東京都新宿区納戸町22
■電話:03-3268-5911
■営業時間:ランチ12:00~15:00(L.O13:00)、ディナー18:30~21:00(L.O)
■定休日:日曜日(祝祭日は営業)

大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/949

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)