2014年07月04日

鮨 竹若本店 築地

鮨 竹若本店 築地2
サントリーさんの企画で築地の「鮨 竹若本店」を訪問した。竹若は本店、別館、和み竹若など数店舗支店があるが、どの店舗もザ・プレミアム・モルツの「超達人店」になっている。

鮨 竹若本店 築地3

鮨 竹若本店 築地4

鮨 竹若本店 築地5
超達人店になるには非常に厳しい条件をクリアしないといけない。「樽生三原則」+「こだわり2か条の厳守」+「超達人店のこだわり」など求められものは多い。たとえば、頻繁にガス圧をチェックすることも定められているが、生ビールが飛ぶように売れる人気店であればあるほど、この条件をクリアするのは難しくなる。そんなにたくさん生ビールを出すのに、そのひとつひとつの品質に徹底的にこだわるなんて、普通の店にできることではない。相当なこだわりがなければ、生ビールのためだけにそこまでできないのではないだろうか。

店に入ると、カウンターに常連さんらしき人たちが三組ほど座っていた。テーブル席は二席あるようだが、空いていた手前のテーブルに座ることにした。奥のテーブルもどうやら常連さんらしい。カウンターの人が後ろを見ながら話をしている。みんな仲が良さそうだ。

この店はとにかく賑やかな店だ。いつもこうなのかは分からないが、お客さん同士がワイワイと楽しそうに話をしている。それに時々店員さんも加わって場を盛り上げている。

鮨 竹若本店 築地6

鮨 竹若本店 築地7

鮨 竹若本店 築地8
まずはザ・プレミアム・モルツの生をもらおう。このきめ細かい泡はさすがに「超達人店」だ。「煮穴子おつまみ」と合わせるとたまらない。寿司をいただく前にこの煮穴子にノックアウトされてしまった。

「タコのからあげ」、「しそチーズ揚げ」なども注文。単品料理である程度飲んだあと、いよいよ握りをお願いすることにした。「楓(10貫と巻物1本+お椀)」、「椿(12貫と巻物1本+お椀)」、「特選(14貫と巻物1本+茶碗蒸し+お椀)」と三種類あるが、せっかくなので「特選」にした。茶碗蒸しもついていてお得なセットだ。

最後に常連さんオススメの「もろこしかき揚げ」を頼んだ。少し時間がかかるとのことで、先にサービスのおつまみを作って出してくれた。沢庵を刻んで鰹節とゴマとシソを和えたものだ。これはうまい。こういう心遣いがまたこの店に来ようと思わせるのだと思う。

鮨 竹若本店 築地10

鮨 竹若本店 築地11
「もろこしかき揚げ」が運ばれてきた。温かく香りがいい。これもかなりうまい。この店では「煮穴子おつまみ」と「もろこしかき揚げ」は外せないメニューかもしれない。どちらもプレミアムモルツにもよく合う。

築地の竹若本店は、常連さんに愛される街のお寿司屋さんだ。お店は明るく雰囲気がいい。本店というと気兼ねしそうだが、そんな心配はない。居心地のいい店であった。


■店名:鮨 竹若本店
■住所:東京都中央区築地1丁目13-11 東銀座プラザビルディング1F
■電話:03-5148-2288
■HP:http://gourmet.suntory.co.jp/shop/0X00058580/index.html
■超達人店HP:http://gourmet.suntory.co.jp/find/s_search/sp__11ZESGG1302A/temp__chotatujin/


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1065

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)