2014年07月08日

寿司 にぎにぎ一 西荻本館 西荻窪

寿司 にぎにぎ一 西荻窪1
久々にWさん、Kさんと飲みに行くことになった。集合は西荻窪駅。といっても、来た順に先に飲んでます的なゆるい待合せだ。僕は仕事で少し遅れて参加することになった。西荻窪に着くとお二人は人気の立ち食い寿司店「にぎにぎ一 西荻本館」の外のテーブルで一杯やっているところだった。

寿司 にぎにぎ一 西荻窪2

寿司 にぎにぎ一 西荻窪3

寿司 にぎにぎ一 西荻窪1

寿司 にぎにぎ一 西荻窪4
店内はテーブル席と立ち飲み席があるが、どちらも埋っていて席がない。そんな時、入口前の立ち飲みスペースは気軽に飲めて重宝する。席が空くまでここで待つことにしよう。

とりあえず生ビールの中500円を注文。この店の生ビールはモルツ・ザ・ドラフトというビールで、お店の料理に合わせて開発されたものらしい。一般に販売していないので、取扱店でしか飲めないという珍しいものだ。

しばらく世間話をしながら生ビールを飲んでいると、店内の席が空きましたと店員さんが教えてくれた。

店の右側はカウンターになっていて、その場で立ち食い寿司が楽しめる。僕らは左側のテーブル席だ。にじり口のような低い戸をくぐって中に入った。

まずは寿司を注文しよう。八角300円、平目200円、黒鯛100円、まだい300円など。扱うネタは全て天然もの。 毎日水揚げされた産地直送の天然の地魚のみにこだわり、養殖、冷凍は一切使わないらしい。直接契約で北海道の札幌中央市場や、長崎漁港から朝漁れの地魚を買い付けているそうだ。数に限りがあるので次々と売切れていくから注意が必要だ。

魚だけでなくシャリ酢にもこだわっている。酒粕を長期間熟成させた赤酢だそうで、この値段で本物のおいしさにこだわっているのはすごいことだ。

飲み物は角ハイボール600円にした。寿司にハイボールは合わない気がしたが、意外とそうでもない。この日は三軒目が日本酒の店の予定だったので、そもそもここで日本酒の選択肢はなかった。まんさくの花700円、七田900円、龍蟠900円、春霞900円など日本酒もいいものを置いているので、普通にこの店に来るのなら日本酒もいいかもしれない。

それにしても西荻窪の駅前は飲兵衛にはたまらない雰囲気を醸している。他にも気になる店はあるが、時間もあまりないので、次の店に向かうことにした。

■店名:にぎにぎ一 西荻本館
■住所:東京都杉並区西荻南3-11-8
■電話:03-5346-1992


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1063

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)