2014年08月12日

阿佐ヶ谷 日本酒ダイニングバー MiwaMiya (ミワミヤ)

ミワミヤ MiwaMiya
やきとり戒の後、時間がないので急いでタクシーに乗り込み阿佐ヶ谷に移動した。「赤い看板見つけて、赤い看板」とWさん。なかなか見つからず焦りだした頃、素早くWさんが看板を見つけた。でも、とてもタクシーに乗りながら発見できるような目立つものではなかった。どちらかというと店の入口に掛かっている真っ赤な暖簾の方が印象的だ。

ミワミヤ MiwaMiya2

ミワミヤ MiwaMiya3
ミワミヤ (MiwaMiya)は洋食をメインに日本酒を飲ませるという、ちょっと変わった店だ。毎日飲み歩いているWさんが気になっていた店というだけに期待が持てる。地下に向かう階段を降り中に入ると、右側はカウンター席、左側にはテーブルが並んでいた。木製の黒いシックなテーブルだ。僕らは手前の方のテーブル席に座ることにした。

日本酒はなかなか面白いものがそろっている。酒‐1グランプリでグランプリを取った「スーパーくどき上手」750円、フランスの三ツ星レストランにも置いているという「醸し人九平次」590円などを注文。テーブルの上に一升瓶が並んだ。どれもかなりうまそうだ。料理は黒板メニューから「MiwaMiya風トリップ(ハチノス)の煮込み」920円、「かつおのマリネサラダ仕立て」1,300円などを注文。「自家製お肉のパテ」740円もしっとりとしておいしい。

ミワミヤ MiwaMiya4

ミワミヤ MiwaMiya5
日本酒は気の利いたものがそろっているし、料理はオリジナリティがあってしっかりしている。雰囲気もいいし、これはかなりいい店だ。

酒も料理もうまいとなると、我々飲兵衛三人はもう止まらない。気になった日本酒、「奥鹿(速醸 純米 21BY)」530円、「澤屋まつもと(山田錦 純米)」500円、「ゆうほのゆうき(山おろし純米 生)」530円なども注文。ちなみに奥鹿は秋鹿の熟成タイプの酒。のど越しがよく奥行きのある気持ちのいい酒だ。

ミワミヤ MiwaMiya6

ミワミヤ MiwaMiya7
さて次は何を飲もうかと皆が勢いがついてきたところで、残念ながら終電の時間となった。今回はこのへんで諦めて、大人しく帰ることにしよう。それにしてもすごい短時間で西荻と阿佐ヶ谷を回った。次回もぜひ中央線沿線を探訪したい。

■店名:日本酒ダイニングバー MiwaMiya
■住所:東京都杉並区阿佐ヶ谷南3-1-23 東神阿佐ヶ谷ビルB1F
■電話:03-6915-1387


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1067

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)