投稿日:  原宿 表参道 青山

ピエール・ガニエール・ア・東京 (PIERRE GAGNAIRE a Tokyo) 青山

昨年僕の中では圧倒的NO.1だった店「ピエール・ガニエール・ア・東京」。年に数回2週間ほど来日しているピエール・ガニエール氏がお店にいる日を狙って予約してみました。この店がミシュランで3つ星取れなかったのは今でも不思議です。

07073101.JPG
スズキの皮付きポワレ 

07073102.JPG
果実を浮かべたブイヨンとフォアグラのソテー

07073103.JPG
鴨の砂肝とフランス産ジロール茸
 
昨年の「夏のメニュー」です。ガニエール氏は四季に合わせて来日して季節のメニューを作ります。来日中は基本的にずっと厨房に立つそうで、各席にも挨拶にまわっていました。この時期は厨房もピリピリしているそうで、お店の方に聞くとこの日もお昼休みにスタッフを集めて「今からフォークはこうだ!」と右を向いていたフォークを左に向けたそうです。「直感なんですよね~」と店員さんも困っていましたが、全てをコントロールしようとするところがガニエールのすごさ。そして自分の直感を信じているということでしょう。店員さんもこんな話をするくらいにフランクな接客の店で、高級店とは思えないほどのんびり食事のできる雰囲気がいいですねぇ。

07073105.JPG
ここからは怒涛のデザート。食べ切れないほど大量に運ばれてきます。こちらは丸いチョコを噛むと中から水のようなものがはじけます。この食感には驚きました。

07073104.JPG

07073106.JPG
とにかく大量のアミューズから始まって、追突事故のような衝撃の皿の数々。そして食べきれないほどのデザートが次々と運ばれてくる。この驚きと感動。料理の圧倒的な存在感と楽しさ。これが3つ星でなくてどの店が3つ星だというのか。実際、3つ星フレンチにも行きましたが、到底ガニエールには及ばないものでした。

ガニエールのすごいところは、1年経った今でも全ての料理を鮮明に思い出せるところ。そして東京らしく、醤油や酢をうまく使っているのも印象的でした。強い味同士、強い香り同士をあえてぶつけてバランスする手法の巧みさには舌を巻くほどです。高級店だから高いけれども、この内容であれば安く思えてしまう。できれば年に1度は食べに行きたいと思います。

■店名:ピエール・ガニエール・ア・東京 (PIERRE GAGNAIRE a Tokyo)
■住所:東京都港区南青山5-3-2青山スクウェア4F/RF
■電話:03-5466-6800
■最寄駅:地下鉄 銀座駅 徒歩5分
■営業時間:11:30~14:00/18:00~21:30
■定休日:日曜・祝祭日、夏季・年始各1週間
■コース:ランチ 5,800円、7,350円、10,000円/ディナー 17,000円、23,000円(税込)
■特記:サービス料:12%、デイナータイムの男性はジャケット着用(夏季も)

[map_tb:東京都港区南青山5-3-2]