投稿日:  六本木 麻布

ラ・グラディスカ 西麻布 鯉のオーブン焼き

コチラの女性が東京にやってくるということで企画された同窓会オフ。海外ツアーな方々が集合しました。懐かしい食材も出てきたし、お目当ての「鯉のオーブン焼き」も食べることができて大満足でした♪

08080401.JPG
鯉のオーブン焼き
鯉はアライか鯉こくでしか食べたことはありませんでした。前回ラ・グラディスカに「鯉のオーブン焼き」なるものがあると聞いて、次回は必ず注文するつもりで狙っていました。これは事前に注文しないと提供できないメニューだそうです。

驚いたことに鯉の臭みが全くなく、普通の白身魚のような感じ。香草の香りがよく食欲をそそります。身は柔らかく弾力がある。確かに鯉だと思える特徴はこの弾力でしょう。鯉と香草との組合わせもバッチリ。これは珍しいだけではなくて、かなり美味しい一品でした。

08080402.JPG
スカンピのソテー 栗の花のハチミツのカラメルソース
シドニーで食べた懐かしの食材、スカンピ。この同窓会のような食事会でスカンピが出るとは!しかも産地はオーストラリア沿岸といいます。かなり甘めのソースは一口目で感動するほどの美味しさ。後半ちょっと甘ったるくなるのですが、後半に差し掛かるあたりで発見した「スカンピみそ」のうまさにまた感動!ソースの甘ったるさなんてどうでもよくなってしまいます。しかもこのスカンピかなりデカイ!こうれはもう食材の勝利という感じですね。

08080403.JPG
豚の乳房のロース
豚の乳房!これもはじめて食べました。きめ細かな肉質は柔らかいタンのような食感。あまり豚肉という感じがしない肉でした。

08080404.JPG
ルマコーニ
カツツムリ型のパスタ。なるほどイタリアンだな~という感じ。しかしこれは豪快ですね。

08080405.JPG
アニョロッティ ・ダル・プリン
牛、豚、うさぎの肉を使用しているそうです。

ラ・グラディスカ、すっかり気に入ってしまいました。よくある高級イタリアンのようにフレンチっぽくなっただけの店ではなく、高級感とともにイタリアンの荒々しさ、豪快さもしっかりと感じます。珍しい食材であっても、美味しいと思えば何でも使ってみるところもいいですね。ちょっとしたソース一つとっても、その意図がはっきりと感じ取れるほど効果的。主張の強い料理が多く、どれもかなりのレベルで仕上がってるお店です。

そういえば、その女性ブロガーさんこんな感じで朝から精力的に動き回っていたそうです。


【参加メンバー】
食い道をゆく

春は築地で朝ごはん

神戸っ子ゴハン

バンド・オブ・トーキョー☆

いたりやかぶれ

しょうが焼きに恋してる


■店名:LA GRADISCA(ラ・グラディスカ)
■住所:東京都港区西麻布3-3-23 フィルドア西麻布B1
■電話:03-5918-7055
■最寄駅:大江戸線 六本木駅 徒歩10分
■営業時間: 18:00~24:00)/土11:45~14:00、18:00~.24:00/日祝11:45~14:00、18:00~23:00
■定休日:火曜日・第2月曜日

[map_tb:東京都港区西麻布3-3-23]