投稿日:  

ボジョレー ヌーヴォー解禁! ノべンバーフェスト2008(November fest) リビエラ青山

11月20日、ボジョレー ヌーヴォーが解禁されました。毎年この時期になるとあちこちのレストランでボジョレー ヌーヴォー解禁を祝うイベントが開催されています。外苑前「リビエラ青山」では解禁から3日間「ノべンバーフェスト2008」と題して、ボジョレー ヌーヴォーとオリジナルメニューを楽しむパーティーが催されました。ワインは「ボジョレーの帝王」と呼ばれているジョルジュ デュブッフ氏のボジョレー ヌーヴォー。料理は世界的料理クリエーター狐野扶実子さんと「リビエラ青山」の鈴木康司シェフによるコラボレーション。サントリーさんからお誘い頂いて僕も参加してきました。今回はコチラの女性と一緒に参加です。

08112001.JPG
ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーボー 2008
ジョルジュ デュブッフ氏といえば、ボジョレーを世界に広めた名醸造家。「ボジョレーの帝王」と呼ばれている方です。ジョルジュ デュブッフ氏のワイン「GEORGES DUBCEUF」は世界的に知られています。

08112002.JPG
そろそろビュフェの用意も出来てきたようです。こちらは狐野扶実子さんの鴨のテリーヌとロゼット風サラミ。今回の狐野扶実子さんのコンセプトは「ボジョレー-パリ-トーキョー」。ヌーヴォーが誕生したボジョレーからパリ、東京と着想を得て出来上がった料理です。狐野さんは三つ星レストラン「アルページュ」でスーシェフ(副料理長)を務めるなど輝かしい経歴の持ち主。僕も紹介されてご挨拶しましたが、スラリと背の高いスマートな方でした。

08112003.JPG
高知産フルーツトマトとモッツァレラチーズ
「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーボー 2008」のエチケットをイメージした料理。白い丸の周りに赤地に金をあしらったラベルそのままの色使いです。

08112004.JPG
魚介とフルーツのサラダ フランボワーズ風味
フルーツと魚介をうまく使ったサラダです。こういう旬の食材を上手に使うのがリビエラ青山の特徴のようです。

08112005.JPG
5種類の煮込みで和えたタリアテッレ
煮込み好きにはたまらないパスタ。タリアテッレ自体相当な出来栄え。麺好きな僕はこればかり食べてました。

08112006.JPG
フランス産ビゴール豚の低温ローストと焼き野菜
ビゴール豚はちょっと脂身の多い肉ですね。アグーのような脂っこさはなく割とあっさりした脂なので、野菜と合わせてもちょうどいい感じ。この料理は野菜の美味しさが際立った料理でした。

08112007.JPG
北海道うにのスパゲティーニ

08112008.JPG
秋刀魚のシチリア風スパゲティー
このへんのパスタのうまさはさすがという感じ。「リビエラ青山」の鈴木康司シェフは、「パスタの神様」と称されたアンジェロ・パラクッキ氏の最後の愛弟子。「ロカンダ・デ・ランジェロ」でスーシェフ(副料理長)まで務めた方です。パスタの種類、茹で加減が様々で、飽きさせない工夫がされています。


08112009.JPG

08112010.JPG
いつまでも大量の料理が出続けます。最後の最後まで新しい料理が登場するのには驚きました。これだけの料理を出すというのは、気前のいいことですが、作っている方は大変。会場から丸見えの厨房は最後まで止まることなく回転し続けていました。

08112011.JPG
今回のワインは「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーボー 2008」、「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー・ヴィラージュ ヌーボー 2008」、「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ロゼ ヌーボー 2008」、「ジョルジュ デュブッフ マコン・ヴィラージュ ヌーボー 2008」、「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー・ヴィラージュ ヌーボーセレクション プリュス 2008」の5種類。全て飲み放題でこちらも気前がいい。


08112012.JPG
こちらが「ボジョレーの帝王」ジョルジュ デュブッフ氏。会場内を回って全ての写真撮影に応じていました。その体力とサービス精神には頭が下がります。

08112013.JPG
僕が一番気に入ったのはこちら。「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーボー 2008」です。今までボジョレー ヌーボーといえば、薄いイメージしかありませんでしたが、これは今年のワインなのに既にしっかりとした印象。渋味も適度にあってなかなかおいしいワインでした。全種類飲みましたが、高いワインよりもこれが好きになって最後はこればかり飲んでました。

08112014.JPG
「リビエラ青山」は披露宴の会場にもなるお店。シックでゴージャスなイメージはボジョレー ヌーヴォー解禁を祝う会にはぴったりでした。ボジョレー ヌーヴォーの解禁日はワインにとってお正月のようなものだそうです。今年は僕もこういう会に参加できてちょっと得した気分になりました。

料理をコーディネートした狐野扶実子さんがボジョレーとパリを旅して、「ボジョレー-パリ-トーキョー」というコンセプトが出来上がる過程をウエブサイトで見ることが出来ます。ボジョレーとパリの食の旅はとても面白く、よく出来ています。ジョルジュ デュブッフ氏が登場するあたりも良くできた企画だと思いました。

http://www.suntory.co.jp/wine/special/kaikin08/november/journey.html


■店名:リビエラ青山
■住所:東京都港区南青山3-3-3 リビエラ南青山ビル
■電話:03-5411-6660
■営業時間:11:30~15:00、18:00~23:00
■定休日:土日・祝日

[map_tb:東京都港区南青山3-3-3]