投稿日:  焼肉, 秋田

塩ホルモン 炭楽 秋田

slijks-13.jpg
新型コロナの影響でしばらくは過去記事です。大仙市の大曲駅前にある「塩ホルモン 炭楽(すみらく)」。かなりいい店だという話を聞いていたので、近くに来たら一度寄ってみたいと思っていた。大曲は花火大会で有名な所で、横手焼きそばの横手からも近い。その気になればいろいろと食べ歩きができそうな土地だ。

飲み物は「ギネス」(600円)からはじめた。日本酒は秋田のものが中心。横手市の「阿櫻」「まんさくの花」、大仙市の「刈穂」、由利本荘市の「雪の茅舎」、八峰町の「山本」、秋田市の「新政」などがある。「本日の日本酒」と書かれているので、その日によって銘柄が変わるようだ。「利き酒セット」(980円)もあって、飲み比べができるのは嬉しい。これほどしっかりと日本酒を置いてある焼肉屋も珍しいのではないか。

「本日ご来店のお客様へ ~ホルモンをおいしく食べて頂くために~」という文章があって、焼き物が出るまでに読むように注意書きがあった。お肉は炭楽独特の味付け(塩味)なので、できるだけそのまま食べてくださいとか、アミの上にあまりたくさんのお肉を乗せないでくださいとか、ひんぱんに肉を動かしてくださいとか、美味しく食べるためのコツのようなものが6項目記されている。

「野菜サラダ」(450円)、「ミックスホルモン(塩ホルモンと上ホルモン)」(400円)、「ホホ肉」(550円)、「サガリ」(450円)、「塩カルビ」(980円)、「上ミノ」(850円)などを注文。ホワイトボードを見て気になったのは、「コリコリ3兄弟(コリコリ、ドーナツ、ウルテ)」(750円)だ。コリコリは舌骨、ドーナツはのど軟骨、ウルテは気管。これは酒のツマミにちょうどいい。

焼肉にこだわりを感じる一方、しっかりと居酒屋もしている。酒好きも焼肉好きも楽しめる店だと思う。

slijks-10.jpg

slijks-9.jpg

slijks-12.jpg

slijks-15.jpg
コリコリ3兄弟

slijks-7.jpg

slijks-8.jpg

slijks.jpg

slijks-2.jpg
野菜サラダ

slijks-3.jpg

slijks-4.jpg

slijks-5.jpg

slijks-6.jpg

slijks-11.jpg

slijks-14.jpg