2009年12月07日

げんまん 人形町 1

京橋のらーめんダイニングど・みそと、はんつ遠藤さんが共同プロデュースしたラーメン店、人形町「げんまん」。昨日オープンしたばかりの新店だ。基本のメニューはど・みそと同じだが、大行列のど・みそと違って、当分は行列しないだろうし、駅前なので人形町方面の人には便利な店舗だ。メニューは、ど・みの売りである味噌に加え、はんつ遠藤さんの醤油ダレを使用した醤油らーめん、湯島「阿吽」の胡麻ダレとラー油を使用した、濃厚ごまみそ坦々麺など、どれもメインになりうる強烈なラインナップ。メニューも多く、非常に盛り沢山の内容になっている。

人形町 げんまん

醤油
ど・みそ店主齋藤さんから「人形町の交差点にあるから、すぐわかるよ」と聞いて来た。駅前なら下調べは必要ないだろう。人形町交差点方面の出口から駅を出て、交差点をぐるっと見回すと、自分が立っているすぐ隣に花輪が飾られた店があった。さすがに開店直後は見つけやすい。この花輪がなくなっても、「げんまん」と書かれた大きな看板を探せばすぐに見つかる。人形町の交差点は小さく見通しがきく。分かりやすい場所だ。

お祝いに秋田の銘酒、刈穂をぶら下げて訪問。日本酒の一升瓶っていいな、と思い探しはじめたものの、意外といいものがなかった。デパートの日本酒コーナーで勧められた酒は、特別に造った酒だそうで、説明文には「フルーティな・・」と書かれている。試飲させてもらったが、正直こんな酒、甘すぎて飲めない。「隣は五百万石を使用した酒で、少し甘めになっています」。なんと、これより甘いのか。こんな酒ばかり薦められても、ちょっと困る。結局、その店を出て、他の店で自分が好きな酒「刈穂」を購入することにした。

麺

チャーシュー

スープ
特醤油こってりらーめん900円を注文。はんつ遠藤さんのカエシは初めてだ。塩らーめんのように薄口のスープだが、旨みは豊富。味もしっかりとしている。上には、きくらげ、白髪ネギ、モヤシ、小松菜がのっている。麺はど・みそと同じ麺とのことだが、湯で時間が違うためか、印象が全く違う。どろんとした平の縮れ麺で、杭州飯店を思い出すような麺だ。麺、モヤシ、白髪ネギをまとめて箸でつまんでほうばると、たまらなくうまい。麺とスープの相性もいい。スープはさっぱりとした旨みがあって、コシのある麺のうまさを引き出している。味噌の時とは全く違った印象で、同じ麺を使用しているとは思えないほどだ。いくら製麺所の麺がよくても、それを使う店側が麺の個性を引き出せなくては意味がない。げんまんは、麺の茹で方を変えることによって、この麺の新たな魅力を引き出すことに成功している。

げんまんは、日比谷線・都営浅草線の人形町駅A5出口を出て、左に曲がったam/pmの隣りにある。駅徒歩20秒で、こんな目立つ場所にあれば、すぐに行列店になるだろう。今のど・みその行列を考えれば、当然そうなるに違いない。気になる方は、今週早めに訪問することをオススメしたい。

■店名:げんまん :らーめんダイニングど・みそ×はんつ遠藤プロデュース
■住所:東京都中央区日本橋人形町3-7-11三福ビル1F
■電話:03-6661-9921
■営業時間:11:00~22:30、土曜日11:00~21:00、日・祝12:00~21:00
■定休日:不定休


大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/627

トラックバック

» なぜゆえにDAI!? げんまん@人形町 from なつきの日記風(ぽいもの)
JUGEMテーマ:ラーメン 09/12/11 12:48分 会社から近いんで、行って参りました。 雨だし。 多少空いているかと思っ... [Read More]

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)