2010年09月22日

溜池山王 八丈島料理 はっとり

「八丈島料理を食べに行きませんか?」こんなお誘いを受けて、真っ先に頭に浮かんだのは、「くさや」でした。くさやは、新鮮な魚を「くさや液」と呼ばれる液にひたして作る、八丈島など伊豆諸島の郷土料理。酒飲みにはたまらない珍味です。そういえば、八丈島には焼酎もあります。魚も旨いでしょうから、酒も進みそうです。こんな風に想像を膨らませていくと、旨い酒が飲める予感がしてきました。今年5月にオープンした溜池山王の「郷土料理 八丈島料理 はっとり」。八丈島直送の鮮魚・郷土料理が自慢の店です。「八丈島で生まれ、父は漁師、母は海女という環境で育った」という店主が、「八丈島の新鮮な魚と郷土料理を味わってほしい」との思いからはじめた店だそうです。Mさん、55aiaiさん、「サントリーグルメガイド公式ブログ」のゆみさんと僕の4人で伺いました。

刺身

ザ・プレミアム・モルツ

お通し

明日葉
はじめからずっと気になっていたのが、「八丈島料理 はっとり」という店名。ブログには書いてないのですが、数年前、「はっとり原宿店」に伺ったことがあります。その時は「料理が丁寧で、魚介は何でもうまい」という印象でした。グルメな友達が連れて行ってくれたので、「いい店を知ってるなあ」と印象に残りました。お誘いを受けたのが、そのはっとりの新店だとは、実はお店に入るまで気づきませんでした。

お通しは、コンニャクのピリ辛煮とチンゲン菜、鰹の旨だし煮など。まずはザ・プレミアム・モルツで乾杯します。最近はずっとトリスハイボールにハマっていたので、プレミアム・モルツを飲むのは久々です。

明日葉(アシタバ)の天ぷらは、塩でいただきます。明日葉は、八丈島に古くから自生していて、名物の郷土料理になっています。独特のクセがあるため、天ぷらや、おひたしなどクセを消す調理が基本になります。「明日葉は天ぷらのためにあるのではないか」と思えるほど、天ぷらにすると旨い。薄くサクサクとして、味はスナックのようです。それでいてほんのり苦いので、ビールにもよく合います。

刺身盛りは、トビウオ、トビウオの味噌たたき、マグロ、スズキ、ホタテの炙り、キンメなど。八丈島から直送されただけあって、新鮮で旨い。このお造りだけでも食べに来たくなるほどです。

メカジキの骨

皮焼き

八丈唐辛子

トリスハイボール
なんと、メカジキの骨が出てきました。これは迫力のビジュアルです。黒胡椒がよくきいていて、さっぱりしておいしい。皮焼きは、カツオやマグロなどの皮を炙った漁師料理。八丈唐辛子で食べるのですが、これを1枚のせただけで、口から火が出るほどの辛さ。すかさずトリスハイボールを注文して、グビグビと飲みます。驚きの連続です。これぞ郷土料理。溜池山王の駅前にこんな店があったとは。ここまでで、「来てよかった」と実感するほどです。

味噌焼き

明日葉とくさやの八丈和え

トビウオのくさや

イカの姿焼 わたソース


味噌焼き、明日葉とくさやの八丈和え。くさやはムロアジのくさや。マヨネーズで和えるのは、明日葉のクセを消す工夫です。これも八丈島料理ですね。そして、とうとうメインのくさやが出てきました。トビウオのくさやです。「くさや」というだけあって、普通はかなり匂うのですが、このトビウオのくさやはあまり匂わないタイプですね。これは酒飲みにはたまりません。イカの姿焼わたソース、これは定番ですね。ビールにもハイボールにもよく合います。

ここまで来たら飲み物を変えたくなります。「お1人様2杯まで」という、あやしい注意書きのある「ザ・プレミアム・モルツ漁師割り」にしました。なんと、焼酎のプレミアム・モルツ割りだそうです。見た目はビールそのものですが、泡の香りが島焼酎というとんでもない飲み物。アルコール度数も高そうです。ビールの感覚でグイグイ飲めるので、「お1人様2杯まで」の制限は妥当かもしれません。お酒は、八丈島の焼酎を中心に、芋焼酎、黒糖焼酎、沖縄の泡盛などが揃っています。レアな黄八丈彩10年物などもあるそうです。

黒毛和牛のかぶり

山崎のハイボール

八丈島料理 はっとり 溜池山王
黒毛和牛のかぶりは、塩、にんにく醤油、ポン酢でいただきます。肉も脂もさっぱりとしておいしいですね。たぶん僕が一番たくさん食べたはずです。。最後に、いつか飲もう最初から気になっていた、山崎のハイボール。黒毛和牛と山崎ハイボール、優雅な組合せですね。八丈島料理 はっとり、思った以上によかったです。今度から溜池山王で飲む時には、候補になってくる店です。駅から近くて、気軽に八丈島料理を食べることができます。

溜池山王駅から徒歩3分。国際赤坂ビル1Fの奥の方にお店があります。場所が分かりづらいので、正面入口からビルに入って、ガードマンさんに聞くと、丁寧に行き方を教えてくれました。エレベーターの奥にコンビにがあって、その通りを右。要するに、正面から入ってずっと右奥に進めば必ず見つかります。これだけ覚えておけば、次回から迷わずに行けそうです。いやあ、いい店を見つけました。



【参考リンク】
・サントリーグルメガイド:八丈島料理 はっとり 溜池山王店

・サントリーグルメガイド公式ブログ:赤坂 八丈島料理 はっとり 溜池山王店 明日葉 くさや

・じぶん日記:溜池山王 八丈島料理はっとりのあしたばの天ぷら

・東京グルメ 居酒屋訪問記:溜池山王 八丈島料理 はっとり



■店名:溜池山王 郷土料理 八丈島料理 はっとり 溜池山王店
■住所:東京都港区赤坂2-4-5 国際赤坂ビル1F
■電話:03-3568-2244
■営業時間:11:30~15:30(L.O.15:00)、17:00~23:30(L.O.22:30)(ドリンクL.O.23:00)
■定休日:土曜・日曜・祝日


大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/754

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)