2010年11月17日

ラーメン二郎 神田神保町店 jin-nさんと逆シャッター

「神保町で逆シャしませんか」。jin-nさんから、つきじろうさん経由でお誘いがありました。逆シャというのは、逆シャッターの略で、要は営業終了後に中で食べさせてもらうこと。どこの飲食店でも常連は特別扱いするものですが、ラーメン二郎のような大行列店では、シャッターもありでしょうか。ただ、こういうのは普通、記事にしないものです。今回はjin-nさんが店主から掲載許可を取ってくれたので、載せることにしました。事前に店主に話をしてくれたのは、二郎インタビューのじくさん。じくさんもお誘いしたら、ちょうど神保町店にいらしたそうです。みなさん、ほんとに二郎をよく食べてますね。

10111101

10111102

10111103
遅い時間に二郎に行くので、まずはjin-nさんお気に入りのショットバーに向かいました。このバーが素晴らしかった。バックバーのボトルはきっちりと並べられていて、それでいて変な緊張感がない。マスターの穏やかな笑顔と、お行儀のいい客層。和やかでいて、なおかつキッチリとした雰囲気を出すのは難しいものです。しかも銀座なのに、銀座価格じゃないところもいいですね。銀座のバーで夢のような時間を過ごした後、ラーメン二郎神保町店へと移動します。

予約してくれたじくさんは、神保町店にマイ丼があるほどの常連。常連でシャッターをする人は何人かいるようですが、じくさんやjin-nさんには、シャッターとはまた別な裏技があるようです。かなりの強心臓でないとできないというその技。機会があれば目撃したいものです。

コールは、「カラメニンニクアブラ」。「ニンニク多いんじゃない?」というjin-nさんに、「サービスタイムですから」と店主。つきじろうさんの「大」は、麺だけで普通の二郎の野菜くらいの高さがあります。これも「サービス」でしょうか。スープは少し乳化してとろとろの状態。ラーメン二郎はこのくらいが一番うまいのですが、他の支店ではなかなかこうはいきません。二郎で「ブタ」と呼ばれる厚切りのチャーシューは、この日はやや薄め。最近ブタの作り方を変えているそうで、気になっていたのですが、相変わらずおいしくいただきました。

10111104

10111105
麺も微妙に変えているようですね。ただ普通に食べているだけでは、なかなか気付かない部分です。jin-nさんにもいろいろと教えてもらえました。ちょっと量が多い気もしましたが、なんとか完食。店主からいただいたウーロン茶も飲み干して、店を後にしました。いやあ、楽しい時間でした。jin-nさん、じくさん、貴重な機会をありがとうございました!Junさんも交えて、また食事にでも行きましょう。


ラーメン二郎 訪問記
ラーメン二郎 神田神保町店

■店名:ラーメン二郎 神田神保町店
■住所:東京都千代田区神田神保町2-4-11
■最寄駅:都営三田線 神保町駅 徒歩3分
■営業時間:11:00~15:00/18:00~21:00 (土)11:00~15:00
■定休日:日曜・祝日


大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/781

コメント

裏技に関してのコメントは控えさせていただきます(笑
しかしよくも21時過ぎに、このようなハイカロリーな食べ物を摂取しましたね。
バー→二郎 順番が逆じゃね?

◆じくさん
コメントありがとうございます!いつの日か裏技に遭遇したいです。店の奥にじくさんが・・(笑)

順番逆ですよね。でも酒飲んだ後の二郎もたまにはいいもんです^^;

今回は都合があり参加できませんでした。
わたしはこの頃は月一回も食べません。
黄色い看板のお店のことはなるべく考えないようにしております。
しかし、今回の様に誘われたりした場合は二郎食べたいモードにスイッチが入ってしまい、結局数日後に朝の三田シャッターへ出撃してしまいました(笑)

しかし、夜に神保町…… 店主は「サービス」が凄いですからねー。
ホントのサービスは「本当に」麺半分で作ってくれること(笑)

いやはや、おかげさまで本当に貴重な経験ができましたね。
まさか銀座のバーから二郎へ出撃する日がくるとは、まったく
想像もできないことでした。しかも逆シャ(汗

あの 「大」 の盛りっぷりは恐怖そのものでしたが、とにかく
大先輩ジロリアンに恥ずかしいことだけはできない!と念じて
根性で食べきりました・・・☆
営業終了モードの、ド乳化スープ。素晴らしかったです。

◆Junさん
スイッチが入っちゃいましたか。すみません(笑)

>ホントのサービスは「本当に」麺半分で作ってくれること(笑)
ほんとにそうですよね。二郎のサービスって、多めとか豚増しとか、嬉しくないときもあります^^;


◆つきじろうさん
僕もまさか銀座のバーから二郎に行く日が来るとは思いませんでした。ある意味、夢のような。バーの後、普通に帰宅しそうになりましたね(笑)

つきじろうさんの「大」 はすごかったです。麺を盛った段階であの高さ。一目で僕には無理だとわかりました(笑)

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)