2011年01月05日

銀座 ニュー鳥ぎん

戦後間もなく創業した老舗の焼き鳥屋、鳥ぎん。当時珍しかった釜めしが名物の焼き鳥屋です。今では全国に30店の支店があり、そのうち直営店は7店。その他は「鳥ぎん会会員店」という位置づけになっています。ニュー鳥ぎんもその一つで、創業は昭和28年。3階建ての建物が、銀座の路地裏にひっそりと溶け込むように建っています。

10122205

10122201

10122202

10122203

ニュー鳥ぎんは、鳥ぎん本店のすぐ隣にあります。ビルの地下に広々と店を構える本店は、一度に数十本の串を焼く光景が、いかにも流行っている焼き鳥屋の雰囲気を漂わせています。それに対しニュー鳥ぎんは、1階の入口付近にL字に並んだ2台の焼き台があるのみ。店内は狭く、みっちりとテーブルが詰め込まれています。1階から3階まで客席があるので、どんなに混んでいてもあまり待つことはありません。相席ですぐに座らせて、席が空いたら移動させてくれます。この気遣いは気持ちのいいものです。

いつも騒がしい店内は、気を使わずに気楽に飲むことができます。鳥ぎんは銀座に3店ありますが、結局この店ばかりに足が向くのは、この雑然とした雰囲気のためでしょうか。焼き方が丁寧なのも、他の鳥ぎんにはない特徴です。味に厳しい人には勧めませんが、ニュー鳥ぎんの焼き鳥は、時々食べたくなる個性があります。

ビールは中ジョッキで620円。焼き鳥は1本160~300円くらいです。僕の場合、まずは「お得な盛り合わせ」1,100円から注文します。盛り合わせは、やきとり、はさみ、ねぎま、手羽先、レバー、つくねのセット。それぞれタレと塩を指定できます。手羽先が270円でその他は170円なので、このセットで頼むと20円安い。注文が早く済むので、いつも最初にビールと盛り合わせを頼みます。次に何を焼くかは、その後ゆっくりと考えればいい。何も考えず会話に集中できるので、こういうセットはありがたいものです。ちなみに鳥ぎん本店には、ライトコース(5種)780円、エンジョイコース(8種)1,300円、スペシャルコース(14種)2,490円もあり、焼き鳥に関しては何も考えずに済みます。

珍しい焼き鳥もいくつかあります。白モツ(ハツモト)280円が、1人1本までの限定。これは売り切れになっていることが多い。限定 骨付きもも650円、串玉(くしたま)などもレアメニューです。串玉はお腹の中にある状態の、殻がまだ出来ていない卵。焼き鳥以外では、特性煮込み450円などもよく注文します

10122207

10122204

10122206

お通しは名物の、しらすおろし。これはメニューにもあるので、追加注文もできます。シメはほぼ全員が注文する釜めしです。注文を受けてから炊きはじめるので、少し時間が掛かります。2度目の注文をする時に、一緒に釜めしも頼んでおくとちょうどいいようです。釜めしには、鳥、筍、海老、かに、山菜、小柱、穴子、かき(10~3月)、松茸(9~10月)などなどいろいろとありますが、オススメはやはり鳥を使ったもの。この日は、鳥と小柱1,100円を注文しました。

これまで何度も訪問して、銀座の隠れ家的に使ってきたニュー鳥ぎん。こういう店をどう紹介するかは難しいものです。今年は和食や居酒屋、特に、あまり注目されない店も紹介していきたいと思います。鳥ぎんのように、長く愛されている店には、それなりの理由があります。酒や料理のおいしさだけでなく、総合的に「いい店」を紹介していきたい。そういう思いを込めて、新年最初の記事はこの店にしてみました。



■店名:釜めし 焼とり 銀座ニュー鳥ぎん
■住所:東京都中央区銀座5-5-11
■電話:03-3571-3334
■営業時間:16:30~22:00(L.O.21:45)、土・日・祝11:30~21:30(L.O.21:15)
■定休日:月曜日


大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/792

コメント

あけましておめでとうございます。

鳥ぎん(本店の方ですが)、昔デートでよく行きました。釜飯にとりつかれてた頃・・・。タバコの煙が気になって、行かなくなったことを思い出しました。席が近いので隣の人が吸うと厳しいんですよね。

でも、ひさびさに釜飯食べたくなりました。今度行ってみます!

今年もよろしくお願いします。

◆hiball555さん
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

そうそう、たばこきついです。ニュー鳥ぎんの方が厳しいですよ。

奇遇ですね!
私もお正月に行きましたよ〜

セットモノがあったなんて
気が付きませんでした!
自動的に註文しちゃうもんで
焼物系のメニューは殆ど見ないんですよ(笑)

次回はちゃんとチェックします!
穴子釜飯っていつごろ登場したんですか?
以前はなかったですよね〜

◆出挙さん
コメントありがとうございます!出挙さんが正月からこの店って、意外な感じがします^^;

穴子釜飯!ずっと狙ってはいるんですが、未食です。いつからはじまったんでしょう??僕はここ数年よく行ってますが、昔からの客じゃないのでよくわからないです。。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)