2011年01月11日

小野田商店 焼肉 中目黒

ホルモンヌの小口さんと「焼肉忘年会をしよう!」という話になりました。候補はいろいろと上がりましたが、最終的には小口さんのお気に入りのホルモン屋、中目黒の小野田商店に決定。築地王さん元さんもお誘いして、4人での小さな会となりました。中目黒といえば、昔から焼肉や安居酒屋などがある土地柄。最近は開発が進み、オシャレな街に変貌を遂げています。小野田商店は、ほぼ全品500円均一という分かりやすい価格設定。カウンター主体の焼酎バーのような店内も、これまでのホルモン焼きのイメージとは一線を画しています。

10122101

10122102

10122103

10122104
小野田商店は中目黒駅前の線路沿いの通りにあります。駅前なのですぐに見つかるだろうと高をくくっていましたが、これが意外と分かりづらい。入口には小さく「小野田商店」と書かれているだけで、見過ごしてしまいそうです。中に入ると、奥まで一直線にカウンターが伸びていて、意外と奥行きはあります。入口は小さく、中は広く、隠れ家的なお店を意識しているようです。

肉は全て500円均一。角切ハツ、ハラミ、ギアラ、おっぱい、コリコリ、シビレ、脂付き小腸、テッチャン、ミノサンド、牛ホホ肉、豚バラ、豚トロ、カシラ、ガツ芯、豚ノド肉、スモーク豚バラ、厚切ベーコン、ハチノスというラインナップ。希少部位も置いてあります。まずはキムチ、レバー刺し、もろきゅう、レバーパテなどを注文。ホルモンは、ホルモン9種類盛り合わせ(2人前2,000円)にしました。こういうセットメニューは注文の時に便利です。

10122105

10122106

10122107
レバーパテは、よくあるレバーパテのイメージではありません。レバーの風味は強くありませんが、ツマミとしてはなかなかイケます。焼き台は炭火七輪。ホルモンは新鮮で、塩やオリーブオイル、胡椒などのスパイスを使った軽めの味付けです。

カウンターで食べるのが、この店の基本ではないでしょうか。一人焼肉でも問題ない雰囲気ですが、中目黒という場所柄、カップルの利用が多いようです。我々は4人なので、小口さんが奥のテーブル席を予約してくれました。テーブルは2卓しかないので、グループの場合は予約に気をつけた方がよさそうです。上着に臭いが付かないように、クローゼットを用意する等、配慮が行き届いています。デートにも利用しやすい焼肉屋ということで、人気を集めています。

10122108

10122109
シメはスペ玉ご飯とスープ茶漬けの2種類を注文。どちらも500円です。スペ玉ご飯は、ごま油で味付けしただけのシンプルな卵掛けご飯。これは僕の好みに近いです。卵掛けご飯は、余計な具材を入れず、シンプルなのが一番。ブームの頃は、様々なこだわり食材を入れることで高級感を出したものが多くありました。純粋に味だけを追求すれば、シンプルなものになるのは自然なことだと思います。

小野田商店では、飲み物も全て500円です。ソフトドリンクは割高になりますが、焼酎はいくつか選べるので全体としてはお得感があります。メニューのほぼ全てが500円と分かりやすく、この値段にしては肉の質がいい。低価格焼肉店の中では、品質でリードしている印象があります。やはりカウンターで焼酎を飲みながら、ホルモンをつまむような使い方が一番ではないでしょうか。



■店名:小野田商店
■住所:東京都目黒区上目黒3-7-3野村ビル1F
■電話:03-3760-6541
■営業時間:17:30~翌2:00
■定休日:水曜日


大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/794

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)