2014年05月07日

丸の内 W.W メーカーズマーク

メーカーズマーク W.W
シャルキュトリー6種盛り合わせ

サントリーさんの企画で丸の内のW.Wにやってきた。丸ノ内線の改札を出るとすぐ目の前に新丸ビルがある。そのままエスカレーターに乗って6階で降りると、すぐ横がW.Wだ。まだ5時前で店内は明るい。食事をとる旨を告げると窓際の席に案内された。店内はほぼ満席。この時間はカフェとして利用している人が多いようだ。

メーカーズマーク W.W3
メーカーズマークのハイボール

メーカーズマーク W.W4
メーカーズマークのミントジュレップ

メーカーズマーク W.W5
フルーツトマトとモッツァレラチーズのカプレーゼ

メーカーズマーク W.W6
ペリペリチキンとBBQソース

窓際の席は僕らが最後の席だった。はじめから窓際を狙っていたのだが、思った以上の人気だ。隣との距離がいい感じで開いていて、伸び伸びと使える。窓が大きく開いていて視界がよく、気持ちのいい席だ。窓からは目の前の木々と、奥には東京駅がよく見える。

W.W World Wine Bar&Bistroは、オーストラリアのスターシェフ、ルーク・マンガン氏が厳選した世界中のワインと、隣の系列店Saltのモダンオーストラリア料理をビストロスタイルで楽しむことができる。カフェとしてもバーとしても気軽に使える店だ。

まずはドリンクを注文。最近、我が家でもよく飲んでいるメーカーズマークをハイボールでお願いした。ロックやクラッシュアイスでも飲むことはできるが、ここではハイボールがオススメ。W.Wではメーカーズマークを冷凍している。氷が入らないハイボールの方がよく合うのだ。グラスには薄く切ったオレンジが入っていた。柑橘類とメーカーズマークの相性のよさはこの上ない。さすがにこの辺は外さない。

メーカーズマーク W.W7

メーカーズマーク W.W8

メーカーズマーク W.W9
まずはペリペリチキンとBBQソース600円を注文。南アフリカを意識した料理らしい。店員さんによると「ペリペリ」というのがスワヒリ語で「ピリピリ」?だそうで、要するに辛いということらしい。フルーツトマトとモッツァレラチーズのカプレーゼ800円は白いスプーンに乗せられて出てきた。ひと口でツルンと食べることができるので、この出し方は気が利いている。

まだ夕食には少し早い時間だが、もう少し食べておきたい。シャルキュトリー6種盛り合わせ2,000円を追加で注文することにした。プロシュート、スモークハム、パテドカンパーニュ、レバパテ、ブレソーラ、ポークリエットの6種類の盛り合わせ。これはなかなか食べ応えがある。しかもお酒が進みそうなものばかり。そうするともう1杯いきたくなる。

さて次はどうするか。悩んだ結果、2杯目はメーカーズマークをミントジュレップにしてもらった。メーカーズマークで作るミントジュレップはほんとうにうまい。メニューにはなかったので、できるかどうか聞いてみると、「ミントはあるので対応できるはずです」というのでお願いすることにした。これは大当たりだった。

休みの日にW.Wの窓際でメーカーズマークのミントジュレップを飲む。開放感のある明るい席で、なんとも心地のいい時間だった。
メーカーズマークブランドサイト


■店名:W.W World Wine Bar&Bistro
■住所:東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング 6F
■電話:03-5288-7829


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1045

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)