2015年03月31日

築地 ラーメン 井上

築地 ラーメン 井上
築地に来たので久々に「井上」。実は3週間ほど前に一度来たのだが、ちょうど店じまいのタイミングで食べることができなった。それが残念だったので再訪することにした。(訪問記録)

それにしてもあの狭いスペースでよくやっている。前のロットの人たちが終わったところだったので、丼を並べるところから見ることができた。まな板ですかね、大きな木の台の上に丼を8個ガラガラ言わせながら並べて、カエシをじゃんじゃん入れていく。ネギとカイワレをぶっこんで、旨味調味料をたっぷりと。そのあとスープもたっぷり入れる。

ちょっとした瞬間に、下げられた丼を重ねて、上からお湯を流して洗う準備。それから戻ってきて、麺、ネギ、チャーシューを乗せる。チャーシューは5枚くらいどんどん無造作に乗せていく。こういう作業はほんと見ていて飽きない。様式美ですよね。すごく雑なんだけど美しい。もちろんラーメンもうまい。メニューが「特製中華そば」700円だけってのもいいじゃないですか。

座席はなくて、店先と隣に立ち食いコーナーがある。1966年(昭和41年)創業だそうなので、来年50周年なのかな。いつ行ってもお客さんでいっぱいな店。長く続けてもらいたいものです。


■店名:井上
■住所: 東京都中央区築地4-9-16
■電話:03-3542-0620


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1113

コメント

築地ラーメンの代名詞、「井上」さん!

魚河岸ならではの活気が最高の調味料♪って感じですよね。
あのエネルギッシュな喧噪の中で食べるのが、イイ☆

ところで来年で創業50年でしたか。
場内市場の豊洲移転で節目となる年に、場外で半世紀の
歳月を背負った存在感・・・これもまた、街の歴史の証人
かもしれませんね。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)