2015年06月30日

居酒屋 どん底 新宿

居酒屋 どん底 新宿
三島由紀夫をはじめ多くの作家や芸術家が通った店「どん底」。店名はゴーリキーの「どん底」からとっている。戦後すぐの1951年創業。

少し入口で待たされてから一階のカウンターに通された。席に着くと隣のおじさんが「おっ、君か。君が来たのか。いやあ、よろしく」と言う。どこかで会ったのか、誰かの友達か。なんとか思い出そうとしたがどうしても思い出せない。ゆっくりと上着を脱いで後ろに掛けて、椅子に座る。「僕ですみませんでしたね」というと、「そう、それそれ!なんで分かったの?実はさっきまでその席には美女が座っていたんだよ」。その美女は席を移動してくれたらしく、L字カウンターの反対側で彼と二人で会釈をしている。たぶん席を空ける時にいろいろとやりとりがあったのだろう。

カウンターは地下や二階にもあるが、それぞれなかなかいい雰囲気だ。常連さんは上に下にと移動して飲んだりしている。僕の隣のおじさんも、途中で他のフロアに移動した。おじさんの連れの人は隣でまだ飲んでいるが、さっきのカップルや僕と時々会話を交わす。初めて会う人でもなんとなく打ち解ける。そんな雰囲気の店なのだ。

創業当時から人気の名物「どん底カクテル」。焼酎をレモンや炭酸で割ったチューハイだ。正確なレシピは秘密だそうで、できあがったものがボトルになっている。略して「ドンカク」。これは酔っ払ってしまうなあ。

居酒屋 どん底 新宿
林さんのみ(牛肉とキャベツのウスターソース炒め)。「林さんのライス」というのがあるのだが、その「林さんのみ」。

居酒屋 どん底 新宿
自家製厚切りチャーシュー

居酒屋 どん底 新宿
お通し

居酒屋 どん底 新宿
ナポリタン

居酒屋 どん底 新宿
どん底カクテル。略して「ドンカク」

居酒屋 どん底 新宿

居酒屋 どん底 新宿
どん底 新宿

■店名:どん底
■住所:東京都新宿区新宿3-10-2
■電話:03-3354-7749


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1132

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)