2015年11月06日

夢酒みずき 銀座

夢酒みずき 銀座

お誘いをいただいて、銀座「夢酒みずき」の「三陸帆立のバターすき焼き」を試食してきた。夢酒みずきは、「大七」で酒造りをしていた店長と女性利き酒師が、料理に合わせて日本酒を提案する創作和食の店だ。

試食させてもらった「三陸帆立のバターすき焼き」は、「食べる前から旨い鍋」というふれこみ。これはどういう意味かと思ったら、まずは帆立をバターで炒める。その時の音や香りが、もう食べる前から美味しい感じ。その匂いが他の席にも伝わって、「あの料理は何ですか?」ということになるらしい。店中に伝播するほどのいい香りなのだ。

夢酒みずきは料理も日本酒も豊富だ。「三陸帆立のバターすき焼き」は、いろいろ食べた後で、最後にシメとして注文するものらしい。帆立をせりと長ネギで食べた後、そのままカレーライスに移行する。これがシメのカレーになるのだ。

「三陸帆立のバターすき焼き」というネーミングは、同行したトマ子さんが命名したもの。元々は「三陸帆立のすき焼き」だったのを、「バター」という単語を一つ入れるとしっくりときて、その場で改名することになった。期間限定メニューだけど、たぶん来年の3月まではあると思います。気になる方は是非どうぞ。

トマ子さんの当日の記事はコチラ⇒三陸帆立のバターすき焼き in夢酒みずき

夢酒みずき 銀座

夢酒みずき 銀座

夢酒みずき 銀座

夢酒みずき 銀座

夢酒みずき 銀座

このメニューは陸奥八仙と合わせる。まずはピンクラベル吟醸酒。バターのいい香りがしてきた。これを岩塩と平兵衛酢(へべす)で食べる。平兵衛酢というのは、江戸時代、日向市西川内の平兵衛さんが発見したからこの名になった。柚子、スダチ、カボスよりも香りや味わいが豊かだと言われる柑橘だ。

夢酒みずき 銀座

夢酒みずき 銀座

夢酒みずき 銀座

夢酒みずき 銀座

夢酒みずき 銀座

いよいよ本番の「三陸帆立のバターすき焼き」が登場。帆立ももちろんおいしいけど、せりと長ネギがまた、うまい。陸奥八仙は赤ラベル特別純米酒に移行。こういう料理としっかりとした日本酒はほんとうによく合う。

夢酒みずき 銀座

夢酒みずき 銀座

夢酒みずき 銀座

夢酒みずき 銀座

最後は帆立に鰹出汁を加えて、シメのカレーライスになる。酒は黒ラベル純米吟醸酒だ。料理に合わせて日本酒が出てくるのが夢酒みずきのスタイル。「三陸帆立のバターすき焼き」には、陸奥八仙を合わせる。これは蔵元さんにも試食してもらったそうなので、陸奥八仙お墨付きと言ってもいいのかもしれない。今回のメニューは、たぶん3月くらいまでの限定メニュー。その後もいろいろな料理と日本酒のマリアージュを追及していく予定だそうだ。

■店名:夢酒みずき
■住所:東京都中央区銀座6-7-6ラペビルB1
■電話:03-5537-1888



トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1153

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)