2017年11月21日

キュイジーヌ[S] ミッシェル トロワグロ 2 新宿


今年の5月、一ヶ月間だけ「新生トロワグロスペシャルメニュー」というのをやっていた。フランスの名店「トロワグロ」は、49年間もミシュランガイドの三つ星に輝き続けている。ロアンヌの駅前広場に87年間、店を構えていたが、今年の春に郊外の町ウーシュへ移転した。それで、日本でも新生「トロワグロ」スペシャルメニューを提供することになった。この期間中の4日間だけ「トロワグロ」4代目のセザール・トロワグロが来日するということで、その日に合わせて予約することにした。


店内はガラス張りで明るく、天然木を使用した柱や梁で囲まれたウッディな雰囲気。奥の方は特に落ち着いた空間になっている。スペシャルメニューは10皿の23,000円と11皿の25,000円の2種類があった。微妙な2種類だが、ここは25,000円の方だろう。

日本のトロワグロが何を目指しているのかよく分からないが、料理を食べて感じるのは、少し面白いことをやろうとしているということと、アジアっぽいエッセンスを入れたいというところだろうか。この日の料理もフランス風でも日本風でもなく、アジア風テイストのフレンチという印象を受けた。


トロワグロさんにもそんな感想を述べてみたのだが、会話はあまり噛み合わなかった。はっきりと感じたのは、残念ながら、東京をそれほど重視してないということ。言葉は分からなくても、そういう雰囲気は伝わってきてしまう。今回は関係者を通して予約したわけでもないし、こんなものなのかもしれないけど。

料理は正直に言うと、前回ほどの凄みは感じなかった。シェフも変わったし、今回は「エグゼクティブシェフのギヨーム・ブラカヴァルがウーシュに赴き経験した、今最も新しいトロワグロ」(HP)という「新生トロワグロスペシャルメニュー」。通常メニューとはちょっと変わっているのかもしれない。


ミシュランで10年も二ツ星を取っている店だが、晴山リューズのような他の二ツ星店と比べると今回は物足りなかった。食材だけを見ても、25,000円のコースにしてはちょっと寂しい。メインらしきメインもないし、節約しすぎかなというのが正直な印象だった。ただ、スペシャルメニューというのは、こういうこともあるものだ。クリスマスも控えてるので、特別メニューには注意しないといけない。

【新生「トロワグロ」スペシャルメニュー】
はじまりの一品
アミューズ ブーシュ
アスパラガス 蕎麦の実とオゼイユ
帆立貝と”umami”
ホウボウのルージュ
ラングスティーヌと野菜のだし ピメントバター
天城軍鶏のシュプレーム ソース simsim
チーズセレクション
セルからシュクルへ
小菓子
インサラータ

■店名:キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ (Cuisine[s] Michel TRIISGROS)
■住所:東京都新宿区西新宿2-7-2 ハイアットリージェンシー東京 1F
■電話:03-5321-3915


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1259

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)