2017年12月20日

焼肉ハイボール酒場 カルビ道場


ジムビームヒルズバーの後は数台のタクシーに分かれて、忘年会の会場に移動。会場は赤坂の「焼肉ハイボール酒場 カルビ道場」だ。カルビ道場は、焼肉をつまみにしてハイボールを飲むという新しい発想の大衆酒場。
この店に来たらコースにしないともったいない。道場コース4,980円、肉肉コース5,980円、ホルモンコース3,980円の3つが「カルビ道場三大コース」なのだが、すごいのは、これらがすべて飲み放題込みのコースだということ。肉料理はすべて1頭買したA5ランクの黒毛和牛を使用している。かなりお得においしく焼肉で飲める店なのだ。


まずはザ・プレミアム・モルツで乾杯。その後はすぐにジムビームハイボールを注文。他の人達も大体このパターンが多いようだ。ほとんどの参加者が六本木ヒルズでの0次会に参加していたこともあって、みんな最初からペースが早い。
料理は「キムチ・ナムル盛」、「タン塩」、「和牛の炙り握り」、極上赤身肉を薄くスライスした「名物極ロース」などが次々と運ばれてくる。国産黒毛和牛の極カルビ、極ロース、極ハラミは絶対食べておくべき、カルビ道場の名物だそうだ。


タン塩の後は、肉の盛り合せが運ばれてきた。ザブトン、リブ芯、シンシン、モモ、ナカニクの5種類だ。コッテリとした焼き肉が続いているので、ジムビームハイボールを追加。これで結構サッパリとする。焼肉をつまみにしてハイボールを飲むというカルビ道場のやり方は、間違っていないようだ。それにしてもこの日、ジムビームハイボールを何杯飲んだのだろうか。飲みやすくてしっかりと美味しいのがジムビームハイボールの特徴だ。何杯飲んでも飲み飽きることがないのは、さすが世界NO1バーボンというところだ。


ジムビームハイボールをかなりたくさん飲んで、おいしい焼肉もお腹いっぱい食べた。それでも赤坂に来たら寄って帰りたいバーがある。最後の〆はそちらでいただくことにした。

■店名:焼肉ハイボール酒場 カルビ道場
■住所:東京都港区赤坂3-13-2 上野産業赤坂第1ビル
■電話:03-3585-3588


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1268

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)