2018年02月01日

太郎源 博多 居酒屋


博多は多くの名店がひしめく土地だ。玄界灘や五島列島など良漁場に恵まれ、新鮮な魚は格別なうまさ。大分や熊本など近県からの鳥、豚、牛、野菜など良質の食材にも恵まれている。そんな土地だからこそ、居酒屋のレベルも高くなる。中でもオススメなのは、はかた駅前通りにある「太郎源」だ。

最初に「本日厳選仕入れによるお造り盛合せ」(一人前2,000円)を頼む。一人前なのにこの値段は高く感じるかもしれないが、太郎源で扱っているのは市場で厳選した天然物のみ。一目で鮮度がいいことが分かるほどに美しい。

一番人気という「赤むつ(のどぐろ)塩焼」は、1/2、1/3にもできて、3,800円~5,000円。「旬の天ぷら盛り合わせ」は、中(2~3人前)2,000円、大(4~5人前)3,500円などと、大きさが数種類用意されているメニューが多い。

メインとして頼みたいのは、やはり「佐賀牛のあみ焼き」だろう。100g(2,000円)~300g(6,000円)まで選べるので、お腹に合わせて注文できる。上質な肉にレモンをキュッとしぼってポン酢でいただく。この日は100gにしてみた。

全国の銘酒も揃っているが福岡の「美田」や糸島の「田中六五」、佐賀の「東一」など九州の酒もぜひ試して欲しい。地酒は福岡や佐賀のものが載っていた。その他に今月の隠し酒もあるらしい。いつかの正月に友達が買ってきてくれた福岡県嘉麻市の「寒北斗」も置いてあった。

予約した席には「○○様 本日はご来店頂きありがとうございます」という紙が置かれている。実は予定していたお店に急に行けなくなってしまい、お店にくるまでに待ち時間や移動時間もあったので、この心遣いは嬉しかった。


「寄せ豆腐」700円



自家製からすみごはん 味噌汁付き」800円

メニューの中に次のような文章があった。

源味(みなもとのあじ)
「天然の味にまさる味付けなし
旬の素材と向き合い
真の持ち味を気を照らわず引き出す
料理を太郎源の味とし
季節を感じ間を大切に
お客様一人一人に合った
料理を提供してまいります
お客様に感謝の想いと
一期一会のおもてなしの心を大切に
精進してまいります」太郎源

これをそのままにやっているからこそ、この店はすごいんだなと思う。


■店名:太郎源
■住所:福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-24
■電話:092-481-8522


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1277

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)