投稿日:  中国料理, おでん 鍋 すき焼, 上野 御徒町 末広町

中国雲南酒膳坊 過橋米線(カキョウベイセン) 末広町

コチラの方からのお誘いで雲南料理を食べに行きました。雲南料理は四川料理の中に含まれる料理なんだそうです。確かに四川料理のように辛いものもありますが、薬膳や米線など個性的な料理が代表格。今回はこちらこちらこちらも一緒に7人で行ってきました。
07072201.jpg
お通し。

07072202.jpg
牛ガツの秘伝冷製。

07072203.jpg
孜然羊肉(クミン)。

07072204.jpg
キュウリとにんにく和え。

07072205.jpg
豆苗炒め。

07072206.jpg
老江湖豆腐 (豆腐中身詰め)。

07072207.jpg
麻婆豆腐の雲南風。

07072208.jpg
紹興酒。5年陳。これは比較的飲みやすい紹興酒。たぶん2本くらい飲んだような・・。

07072209.jpg
雲南風牛肉の水煮。これはかなり辛い。この日の一番でした。

07072210.jpg
薬膳気鍋鶏。

07072211.jpg
ダシ用の肉。一応食べても大丈夫。

07072212.jpg
伝統雲南風過橋米線。麺、スープ、肉、具材のセットが運ばれてきます。

07072213.jpg
数種類の肉。

07072214.jpg
具材。

07072215.jpg
XO醤をつけていただきます。

07072216.jpg
麺は生麺ということで全くコシがありません。これはこういうものと割り切って食べないと。

07072217.jpg
海老入り雲南酸辛豆腐

07072218.jpg
モモさん手作りのパン。売り物のような完成度の高さ。美味しいパンでした。

それにしても女子のパワーに押され気味なオフでした。。最近のオフはいつも男子がおとなしい。僕は常にテンション低いので何も言えませんが・・。

【参加者】
「築地ランチ日記」ジジ飼いさん(幹事)
・ぎゃるぎゃるさん(裏幹事):ジジ飼いさんの元同僚
「ゆる~り、ゆるゆると~」Kisakoさん
・F君さん
「美味しいひととき」モモさん
「神保町縦横無尽ランチ食べ尽くしブログ」プリンさん
・くに

【コメント】
雲南省は「年中春のような気候で山の幸に恵まれ、植物王国、香料王国、薬草の故郷、キノコの故郷などと言われている」そうです。そういう地域だけに薬膳鍋などが名物になっています。また雲南省は四川省の南に接する位置にあります。調べてみると、四川料理は「共通する特徴をもつ雲南省、貴州省などの料理を含む」とのことで、雲南料理も唐辛子などの香辛料が効いた辛めの味付けでした。
雲南料理の名物は、「過橋米線」や「気鍋鶏」など。米線は米の麺ですが、ビーフンとは違いコシがない生の麺。「過橋米線」は鶏と豚でダシを採った塩味スープ。表面には鶏の油が浮かんでいます。一品料理(小皿)は全品298円と安くオススメです。

【メニュー】
生ビール500円、紹興酒(5年)ボトル1,800円、牛ガツの秘伝冷製298円、豆苗炒め880円、老江湖豆腐 (豆腐中身詰め)980円、キュウリとにんにく和え880円、麻婆豆腐の雲南風780円、伝統雲南風過橋米線980円、薬膳気鍋鶏980円、雲南風牛肉の水煮880円。

【お店データ】
■住所:東京都千代田区外神田6-5-11 MOAビル1F
■電話:03-3835-7520
■最寄駅:地下鉄銀座線 末広町駅4番出口 徒歩1分
■営業時間:ランチ 11:30~14:30、ディナー 17:00~23:30
■定休日:無休

[map_tb:東京都千代田区外神田6-5-11]