【フリー】くにろくシドニー食べある記 《4日目》ザ ベストタイ(THE BEST THAI)

スポンサーリンク

次に向かったのはシドニーに住んでいた方には懐かしい?ランチスポット。ザ ベスト タイ(THE BEST THAI)というタイ料理屋です。これが意外と美味!シドニーのタイ料理は東京よりもおいしいかも。
※一緒に行った方々の記事は → → → コチラ
080217d01.JPG
海老入りパッタイ(タイの焼きそば) (Pad Thai King Prawn)
生のモヤシがちょっとタイっぽい感じ。
080217d03.JPG
鶏肉と野菜炒め(Larb Chicken)
ピリ辛。ナンプラーの味ですね。
080217d02.JPG
レモングラス炒め(Lemongras)
ハーブが入っていてちょっと変わった味。
080217d04.JPG
フラットライスヌードル(Hot and Spice Noodle flat rice)
米の平太麺。これもなかなかおいしい。こういう料理を東京でも食べたい。
ジャスミンライスもたくさん注文。これらをジャスミンライスにかけて食べるのがシドニーの食べ方だそうです。
080217d05.JPG
これはJALPAKのツアーでもらえる冊子ですが、旅程などが書かれたページにメモ欄があってとても便利。55aiaiさんはかなり使いこなしていました。
080217d06.JPG
店内には「BYO」の表示もあります。BYOとは「Bring Your Own」のことで、オーストラリアでは一般的な制度。 オーストラリアのレストランでは、アルコールを扱うライセンスの取得が厳しかったため、お店はライセンスを取らずに客が好きなお酒を持ち込むシステムができたそうです。
ちなみにオーストラリアでは「ホテル」と書かれたパブが多くあります。これはホテルとして営業免許を受けているところは、自由に酒を売ることができたため。
ホテルとして許可を受けていなければ、ライセンス取得は難しいし、5時以降お酒の販売が禁止されていたり、いろいろと大変だったそうです。そのなごりで「ホテル」と表示のあるパブがいたるところにあります。
★その他のシドニー記事は⇒【まとめ】ページから。
★他のメンバーの記事は⇒コチラからどうぞ。

コメント

  1. 55aiai より:

    あー!あたしのサングラスとノート♪
    このノート、記事を書くとき何度も開きました。
    たぶんシドニーだとBYOも安いんでしょうね。東京のレストランのBYOは結構高いところもあります。。。
    それにしてもくにさん、このお店はかなり気に入っておいででしたよねー^^

  2. くに より:

    ◆55aiaiさん
    あのノートの使いこなしっぷりは素晴らしかったです^^
    東京にもBYOあるんですね~。この店よかったですよ予定ををゆるく組んでこういうとこに食べに行くのもいい旅行ですね。

タイトルとURLをコピーしました