グレンギリー蒸留所 ( GLEN GARIOCH ) ハイランド

スポンサーリンク

それではまず最初に向かった蒸留所、グレンギリー蒸留所の紹介です。グレンギリー蒸留所はハイランド地方で最も古い蒸留所の一つ。創業は1797年と言われていますが、1785年には蒸留が行われていたことを示す資料が残っているそうです。グレンギリーの名前の由来となっているギリーの谷は、広大な大麦畑の広がるアバディーン地方有数の穀倉地帯です。ちなみに「GLEN GARIOCH」は、スコットランドの蒸留所の中で最も発音が難しい蒸留所の一つとのこと。確かにこれではちょっと「ギリー」とは読めませんね。
081013b01.JPG
とうとう本場スコットランドの蒸留所にやってきました。この外観、いい味出してますね。
081013b02.JPG
まずはこちらのビジターセンターに入ります。
081013b03.JPG
中でお土産なんかも買うことが出来るちょっとした休憩所です。最初にここでビデオを見てから見学に向かいます。
081013b04.JPG
ちょうど大麦が運ばれてきたところでした。麦のいい香りが立ち込めています。この蒸留所ではスコットランド産の大麦だけを使用しているんだそうです。
081013b05.JPG
ここはフロアモルティングをするところ。フロアモルティングとは大麦の麦芽を作る作業で、発芽をコントロールするために大麦をかき混ぜます。以前はこの7階建ての建物の全フロアでフロアモルティングをしていましたが、今ではやめてしまったんだそうです。
081013b06.JPG
グレンギリー蒸留所はなんと5人で作業をしています。この風景を見ただけでも心が和む、手作り感のあふれる蒸留所です。日本ではグレンギリーをほとんど飲んだことはありませんでしたが、ここに来ると今後はなるべく飲もうという気になります。
081013b07.JPG
フランクさんの説明を聞いてメモを取るウドさん。ウドさんはスコットランドの蒸留所に行けば大抵の人とお友達のようです。こうしてメモを取って著書を手直ししても、蒸留所は毎年何かを変えているので情報はすぐに古くなってしまうそうです。
081013b08.JPG
これは発酵槽。ここで酵母を加えて発酵が行われます。白壁に木製の梁が通る内装は昔ながらの雰囲気と質感がとてもいい。気取ったところのない素朴さに好感が持てます。
081013b09.JPG
ポットスチル。ウイスキーの蒸留に使う蒸留器です。ポットスチルの大きさと形はウイスキーの味に大きく影響します。製造工程の中では最も味を左右する器具なので、各蒸留所で形や大きさが全然違っています。
081013b10.JPG
これはビジターセンターで売られているポットスチルそっくりのお土産品。
081013b11.JPG
グレンギリーに行く途中の風景です。スコットランドは空が低く曇りが多い。反対側は晴れているので日が当たっていますが、こちら側は真っ黒です。これがスコットランドっぽい風景なのですが、こういう写真はなかなか撮れないそうです。アバディーンは有名な穀倉地帯で、こういう風に大麦を丸めて転がしているのをよく目にします。
081013b12.JPG
反対側はカラッと晴れていてウソみたいな風景です。スコットランドの天候は変わりやすいと言うけれど、右と左がこうもハッキリと違っているとは。さすがにこれほどまでとは思いませんでした。

上級者向けのほくとさんのマニアック解説は・・



コチラです!

コメント

  1. つきじろう より:

    いきなり、シブいとこ行きましたね!
    あこがれのキルン・・・このまま写真のなかにワタシも
    駆け込んでいきたくなります♪
    あ、それよりモルトの揃ったバーに駆け込むほうが先かも(笑)

  2. 55aiai より:

    すっごい!
    素敵な景色ですねー。絵葉書とかで見るような、、、じぶんがその場に立っている気分ってどういうのなんでしょー。

  3. くに より:

    ◆つきじろうさん
    シブイですよね~。いきなりビックリしますよ。でも旅程だからしょうがない。はぁ、つきじろうさんとの相部屋が懐かしいです(笑)
    ◆55aiaiさん
    不思議な気分でした。曇ってるのに晴れている・・変な感じでしたよ。スコットランドは自然がキレイでした。山、海、湖、お城、いろいろ登場しますよ♪

  4. Ginger より:

    スコットランドなのに晴れてるー♪
    でももっと感動な写真はポットスチル、久々に萌えって言葉思い浮かべちゃうくらい素敵な照りと形ですね。
    下戸だけど楽しみに読ませて頂きまーす

  5. 早坂 より:

    うわぁ~!くにさん、ハイランド地方に行かれたんですねー☆ 昔BBC制作の「マクベス巡査」というドラマのロケ地がここで、蒸留所の入り口なんてまさにそのまんま(^◇^)
    このうす~い光の色がなんともいいですね。

  6. くに より:

    ◆Gingerさん
    ポットスチルに萌える下戸って・・^^;スコットランドは見所が多いので下戸でも楽しめる記事が書けそうですよ~。
    ◆早坂さん
    へぇ~、そういうのがあったんですね!ハイランドは古いウイスキーの街ですね。雰囲気がとてもいいところでしたよ♪

タイトルとURLをコピーしました