スぺイサイドクーパレッジ ( 樽工場 ) ( SPEYSIDE COOPERAGE ) スペイサイド

スポンサーリンク

今日はスペイサイドの樽工場、SPEYSIDE COOPERAGEです。ついにやって来ましたあこがれのスペイサイド!樽を作るだけの専門の工場があるというのも、いかにもスペイサイドという感じがします。それだけ樽の消費量も多いということでしょう。
081013c01.JPG
SPEYSIDE COOPERAGEのビジターセンターでは樽の作り方などをビデオやパネルで学ぶことが出来ます。
081013c02.JPG
ガラス越しに下階の工場を見ることが出来ます。一番手前の作業は樽に金属の輪をはめ込んでいるところ。ばらばらの木の板をまとめて一つの樽に仕上げていきます。
081013c03.JPG
これが「チャー」という行程。「チャー」とは「こがす」 という意味で、樽の内側を炎で焼く作業のことです。
081013c04.JPG
こちらはサントリーの鏡板だそうです。鏡板は樽の上ふたの部分のこと。ここではスペイサイドだけでなく世界中の樽を作っているんですね。
081013c05.JPG
材料となる樽の廃材がきちんと分解されています。ここに来てよかったと思えるのは、木の大切さを学ぶことができるということ。樽の材料はオークなどの木材ですが、ウイスキーはその貴重な資源を何度も再利用します。こういった工場や蒸留所で繰り返し教わるのは木材の大切さ。如何に資源を大切に使い、木を育てていくかということがこの業界の大きなテーマとなっています。
081013c06.JPG
工場見学の後はこちらのお土産やさんに向かいます。ここでしか売っていないレアなお土産物がたくさんあって、どれを買おうか目移りしてしまいます。
081013c07.JPG
こちらはSPEYSIDE COOPERAGE の60周年記念モデル。電子レンジで火入れしたアメリカンホワイトオークの樽で熟成した限定品です。これは今後価値が上がる珍しいウイスキーだということで、僕もお土産に購入しました。
081013c08.JPG
併設されている喫茶。何もかもが樽でできています。面白いデザインですね。
081013c09.JPG
庭がとてもキレイなのでできればテラス席でお茶をしたいものです。
ほくとさんのマニアック解説はコチラ!

スペイサイドに行くならば・・



コチラ!

コメント

  1. ヒロキエ より:

    ほ~樽こい。
    ウイスキー樽って、ワインを熟成させた樽を二次使用することで、香りを良くするとか?
    誰かから聞いたことがあるぞ。
    だとしたらウイスキーにも葡萄は貢献してるってことだよなぁ。
    あ、それよりも樽作りの場面は初めて見た。
    これは職人技の世界だね。

  2. くに より:

    ◆ヒロキエさん
    樽職人は古くから師弟制度があって、たぶん今でも弟子入りしないと樽職人にはなれないようです。ここで教わったのは木の大切さ、資源を大切に使う姿勢でした。ウイスキーはシェリーやバーボンの樽を再利用するものなので、元々環境には優しいんですね。

タイトルとURLをコピーしました