ジャポネ 有楽町

スポンサーリンク

有楽町で用事があったので、ランチでジャポネ訪問。初ジャポネの方と一緒だったので、いろいろとジャポネの説明をしつつ行列に加わる。インズの一番奥にこんな大行列の店があるとは、同行者もビックリしていました。そういえば、このブログでジャポネを取り上げるのは、これがはじめて。B級グルメといえばジャポネというほどの知名度がある店で、いつ行っても行列という人気店。僕にとっても特別な店のひとつだ。
08122901.JPG
ジャポネ横綱
ジャポネ横綱750円を注文。ジャポネという店名の、ジャポネというメニュー。量によって、レギュラー(並)500円、ジャンボ(大盛)650円、横綱750円とあり、この順で量が多くなる。更にその上に裏メニューとして、親方、理事長というのが存在する。親方は横綱を、理事長は親方を完食してないと注文できないルールだ。裏メニューなのに、親方と理事長には、一回り大きな専用の皿がある。理事長はあまり見ないがあ、親方は毎回注文している人を見かける。
08122902.JPG
麺は2.1mmの太麺。茹で置きしたものをフライパンで炒めます。茹でた麺を購入しているのかと思いきや、奥の棚に鍋が隠れていることから察すると、どうもお店で茹でているらしい。僕は目撃したことはないがあ、そういうことらしい。
ジャポネには謎がたくさんある。裏メニューも実はもっとたくさんあるし、使用している調味料にも謎が多い。炒めている時に、ペットボトルの液体をかける。アレは何か?正体はただの水だそうな。そんなどうでもいい噂も飛び交うほど、ジャポネは何故うまいのか?ということにみんな関心があるのだ。
08122903.JPG
シイタケ探しが一部で盛り上がっているらしい。僕もいまだに探してしまう。ジャポネの具材はメニューによると、肉・シイタケ・オニオン・コマツナ。でもシイタケは小さな破片が1つ2つ入っているかどうか。これを探しながら食べるのも楽しみの一つになっている。
ジャポネは大食いチャレンジの店ではない。ご主人のご好意で親方や理事長といった大盛メニューが存在するが、親方くらいになると普通の人には食べきれない量がある。店内に貼られた表によると、レギュラー350g、ジャンボ560g、横綱720g、親方900g、理事長1,100g。僕はレギュラー3皿食べたことがあるが、味が変わるからなんとか食べきることができた。同じ味のものを1kgも食べ続けられるものではない。
■店名:スパゲッティー&カレー ジャポネ
■住所:東京都中央区銀座西1-2先 銀座インズ3 1F
■電話:03-3567-4749
■営業時間:10:30~19:30、土曜日10:30~15:00
■定休日:日曜・祝日

コメント

  1. ヒロキエ より:

    くにろくからアクセスが随分と来てるなぁ?
    何事かと思って見にきたら・・・。
    ・・・・・・
    あのね・・・。
    他人の忌まわしい過去には触れんといてや(笑)

  2. くに より:

    ◆ヒロキエさん
    いやいや、過去の栄光の一つですよ(笑)たぶん他に誰もやってないですから^^;

  3. こうめ より:

    私もここの麺は、茹でた物を仕入れているのかと思いましたが、お店で茹でているのですか。
    知りませんでした。
    しかし、何故、茹で置きの麺を使用しているのに美味いのか不思議ですね。

  4. くに より:

    ◆こうめさん
    謎だらけの店ですよね。なんであんなにうまいのか。意外と茹で置きでもなんとかなるもんなんでしょうか^^;

タイトルとURLをコピーしました