新橋 広島風お好み焼き ひろちゃん 新橋店

スポンサーリンク

本格的広島お好み焼きの店「ひろちゃん 新橋店」。今回もサントリーの「もっとおいしい!角ハイボールキャンペーン」の取材で訪問しました。この特集は、路線別に角ハイボールのおいしい店を5人のブロガーが食べ歩く企画です。お店はキャンペーン参加店からブロガーが自由に選ぶことができます。最後の店はお好み焼きにしました。お好み焼きと角ハイボール。この2つはよく合います。ハイボールには濃厚なソースをサッパリとさせる効果があります。お好み焼きは、角ハイボールの炭酸のすっきりとしたおいしさを引き出す。相性は抜群です。
お好み焼き
お好み焼き2
角ハイボール
お好み焼きといえば、客席の鉄板でお客さんが焼く形式の店の方が一般的でしょうか。そういう店では味よりも「自分で焼く」という行為が重要になります。でもそれは、お好み焼きが家庭料理となっている関西ならではの文化ではないでしょうか。広島風は違います。広島では「お好み焼きはプロが焼くもの」という意識が強い。広島風のように大量の野菜を使うと、火加減が難しく、ひっくり返すのにも技術が必要になります。家庭で作ると野菜がべちゃっとなって上手くいきません。「ひろちゃん」では、大型の鉄板でプロが焼いてくれます。火力も技術も違います。「自分で焼く」という楽しみを放棄してでもプロが焼いたお好み焼きを一度は食べてみるべきでしょう。広島風では特にそう思います。
トッピングは様々ありますが、いくつか定番の組み合わせを用意してくれています。「スペシャル焼き」は、シーフード好きにオススメのメニュー。肉W・生エビ・生イカ・イカ天・広島観音ねぎの組み合わせ。女性に人気の「ひろちゃん焼き」は、肉W・玉子・イカ天・もち・チーズ・広島観音ねぎ。なるべく見た目が違うものを・・ということで、この2つにしました。「ひろちゃん焼き」は玉子・もち・チーズなどがトロっとしておいしい。「スペシャル焼き」は上に生イカが乗っている写真だったので、見た目の違いが分かりやすい。と思って、この2つにしたのですが、出てきたものは全く同じビジュアルでした。なので、写真は1つ。ひろちゃんのお好み焼きは、トッピングによってしっかりとした個性が出ます。見た目が同じでも全く味が違う。だから飽きずに2つも食べることができたのでしょう。角ハイボールの効果もありますが、食後感がさっぱりとしているのもいいですね。
イカバター焼きねぎのっけ
コーク角ハイボール
角ハイボールは、通常のものとは別に「濃いめ」がありました。「濃いめ」があるのは意外と珍しい。これは角ハイボール好きにとっては嬉しいメニューです。「イカバター焼きねぎのっけ」は看板のオススメの中からチョイス。イカとバターとねぎはよく合います。これがまたハイボールが進みます。角瓶をコーラで割った「コーク角ハイボール」も「濃いめ」で注文。これは不思議な味わい。むしろハイボール上級者が好む味かもしれません。ひろちゃんのお好み焼きは、さっぱりとして旨い。いい店を見つけました。
新橋の角ハイボール特集、堪能させていただきました。新橋はハイボールが似合う場所です。昨年大ブームになった角ハイボール。様々な業態でハイボールが定着しています。「どんな料理にでもよく合う」というハイボールの特性でしょうか。安く飲めるというのも魅力です。新橋らしい飲み方といえるかもしれません。
「角ハイボールキャンペーン」では、僕意外にも4人のグルメブロガーさんが訪問記を書いています。みなさんの記事は下のリンクからご覧ください。角ハイボールキャンペーンに参加しているお店の、角ハイボールに関するアンケートに答えると、抽選でプレゼントがもらえるそうです。これも詳細は下のリンクのページにあります。

■店名:新橋 広島風お好み焼き ひろちゃん 新橋店
■住所:東京都港区新橋3-16-10 リカム4ビル2F
■電話:03-6450-1505
新橋 居酒屋 特集

大きな地図で見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました