投稿日:  居酒屋, 北海道

炉ばた 魚千 帯広

190728c_15a.jpg

新型コロナウイルスの影響でしばらくは過去記事です。北海道に来て、まず何を食べたいか。一般的には北海道といえば魚介のイメージで、新鮮な刺身なんかはぜひ食べておきたい。でも僕にとっては、北海道といえば炉端焼きだ。店の真ん中に囲炉裏や焼き台があって、焼きたてを味わうことができる。店の中もほんわかと温かい。北海道みたいな寒いところで、地元の食材を堪能するにはもってこいじゃないだろうか。

「炉ばた 魚千」は女将さんがシェフ然として店全体を取り仕切っている。優しいお母さんのような人が温かく迎えてくれる店、勝手にそんなイメージを持っていたが、全然違った。女将さんの陣頭指揮の元、女性店員さんがキビキビと働く。生産性の高いチーム。そんな印象の店だった。

190728c_02.jpg

190728c_03.jpg

190728c_05.jpg
銀ガレイえんがわ

190728c_06.jpg
ホタテ刺身

190728c_08.jpg
じゅんさい(500円)

ホワイトボードの「今日のおすすめ」の中に「♡私(時価)」というのがあって、厳しく働く女将さんとのギャップがすごい。あと、メニューにある「ごあいさつ」という文章の後に「店主 渋谷ツネ子でござる」とか書かれていて、この人はひょっとしてお茶目な人なんじゃないかと思ってしまう。

カウンターに並ぶ食材が食欲をそそる。次々と入る注文。素早く動く店員さんたち。中央の焼き台では常に大物が焼かれている。いつも活気があって、しかも何故か落ち着く空間だ。「今日のおすすめ」から、ホタテ刺身、銀ガレイえんがわ、タコやわらか煮などを注文した。いつもながら事前に何も調べてないし、こういう場合はホワイトボードが手掛かりになる。

この店に来たら〆のラーメンは忘れてはいけない。注文した魚の骨やアラを使ったスープで、海老やホタテの香りもする。スープの味わいが格別だ。ラーメン好きであれば一度は食べておきたい逸品だと思う。

190728c_09.jpg

190728c_10.jpg
地酒は15種類くらいあって、半分は地元北海道の酒で、値段はすべて700円。

190728c_11.jpg

190728c_12.jpg
つけもの(500円)。やまわさび付き。

190728c_13.jpg
手造りコロッケ(600円)

190728c_15.jpg

190728c_16.jpg
タコやわらか煮

190728c_17.jpg
ラーメン。魚の骨やアラを使ったスープが抜群にうまい。

190728c_04.jpg

190728c_01.jpg


■店名:炉ばた 魚千
■住所:北海道帯広市西2条南9-20
■電話:0155-25-1569