トゥールダルジャン 東京

フレンチ
スポンサーリンク

FCC06B1C-F257-4681-9D4D-A627F114113F.jpeg
新型コロナの影響で本日も過去記事です。「トゥールダルジャン」とは、「銀の塔」という意味のフランス語。トゥールダルジャンのHPによると、セーヌ河畔にあった一軒の旅籠から銀の塔と呼ばれるトゥールネル城の塔がよく見えたという。旅籠の主人は国王に願い出て、店の紋章にこの塔を使うことを許された。これがトゥールダルジャンのルーツ。1582年のことだという。
ホテルニューオータニにある「トゥールダルジャン 東京」は、トゥールダルジャン世界唯一の支店。エグゼクティブシェフのルノー・オージエ氏は、日本の人間国宝にあたる「M.O.F(フランス最高職人賞)」の2019年度受賞者。日本では、「ロオジェ」のジャック・ボリー氏以来37年ぶりの快挙だ。
昨年は「トゥールダルジャン 東京 開業35周年アニバーサリー」ということで、特別メニューが用意されていた。18,000円、25,000円、32,000円と3種類の中から「Grand Menu Tour D’Argent」(32,000円)を選択。


C406CD6F-C48B-4655-A5E1-4FCF5F37FC14.jpeg
オマール海老とオシェトラキャビア ポワローとラタフィアジュレ
A158E947-EB6D-4937-81F5-C869DD86D30A.jpeg
EEDFE9E6-2119-4F44-A8ED-F0E6C9FF147E.jpeg
トゥールダルジャン特製フォアグラ三皇帝風
HPによると、トゥールダルジャンは19世紀フランスの二大レストランから生まれた。ひとつは「トゥールダルジャン」で、もうひとつは「カフェ・アングレ」。この2つのレストランの子息と令嬢が結婚したことによって、今のトゥールダルジャンが生まれた。
1867年のパリ万博を訪れたロシア皇帝と皇太子、プロシア国王がプライベートで同じテーブルを囲んだ。プライベートで3人の皇帝が同じ食卓を囲むというのは当時でも非常に珍しい出来事。この歴史的な晩餐「三皇帝の晩餐」の舞台となったのがカフェアングレだ。
ロシア皇帝はメニューに載っていなかった好物のフォアグラを所望されたが、当時のオーナーは「冬までお待ちいただければ、最高のフォアグラをお届けいたします」と応えたという。そして冬を迎え、オーナーは自らロシアまでフォアグラを届けた。
この「トゥールダルジャン特製フォアグラ三皇帝風」は、このような歴史のある料理ということだ。
191128-5.jpg
ブロッシュムースのグラティネ バターナッツのソースと森の茸のフリカッセ
24A62479-36A0-4823-88C4-DB6234B7D75C.jpeg
8F8BE3C2-E939-49FD-BB06-730DCB8FDCA7.jpeg
1221D613-FCBD-4263-A66B-E4A317255F80.jpeg
琥珀色に輝く幼鴨のコンソメスープ
8F7EFB4F-CDB4-4B4D-A247-E7F80A0AE9C3.jpeg
D1BAF6BB-25A4-4530-B455-9135C673C8AE.jpeg
DBB26AE5-5167-4B10-B5B9-44ED8597218C.jpeg
410C3A58-D619-419D-993B-C4A454F15662.jpeg
幼鴨のロースト マルコポーロ
89B0BEE8-F7DD-4DBC-B40E-E2CD132B8587.jpeg
腿肉の備長炭グリエ・カイエット・フォアグラのアンサンブル
1DB536DA-14FC-4E40-B51A-C9559097D752.jpeg
0E62775C-B73B-4D11-8AD2-57D2763B26B3.jpeg
7BCEFE9A-7499-4E57-840E-A12C7663D04D.jpeg
261ECCCE-C8F2-4612-869A-8262BB2A012C.jpeg
カシスシャーベットとアニスのジュレ
27C2145C-6057-4E89-98BE-97E7F287AC7B.jpeg
9CCFAB8F-BBD7-4A6C-A83A-D5B696FBE8DF.jpeg
191128b.jpg
クレープフランベ ベルエポック ピンクグレープフルーツの雫
01DC12EF-09AA-44FB-BB7E-BAEE908BFF1F.jpeg
2E66356F-CCBF-48E2-B303-0C5A8AA32238.jpeg
D49C6EA7-8384-4AC0-83D5-6B82ACB7F410.jpeg
フレッシュハーブティー又はコーヒー、小菓子
15F1D41B-D6DE-4E58-8751-EB26935AD8A7.jpeg
EF00E620-51C1-411A-8179-5FE3B281855E.jpeg
526C587D-469F-48E2-A3E5-02F43F9D1B93.jpeg
19世紀末から鴨の1羽1羽に番号を付け始め、それ以来ずっとナンバリングが続いているそうだ。1921年6月21日に当時皇太子であった昭和天皇が「トゥールダルジャン パリ本店」で召し上がった鴨の番号が53211。この番号に敬意を表して、「トゥールダルジャン 東京」のナンバリングは53212から始まったという。
55906C17-CB5A-465F-8A81-526A88053859.jpeg
1582年3月4日。鹿狩りの帰りだった国王アンリ三世と貴族達がトゥールダルジャンに来店。隣りのテーブルでフィレンツェから来た貴族が使っていたのがこれ。王が尋ねると、ヴェニスから届いたばかりの発明品とのこと。これがフランスの食文化史上初めてフォークが登場した場面だそうだ。
F3081E30-7F3A-481A-A611-FBE7505D36F3.jpeg
6792C369-FAA1-4312-8C5C-E70822F1381B.jpeg
E6CA49DE-5A38-417A-9726-BCA1E1C60216.jpeg
■店名:Tour d`Argent Tokyo トゥールダルジャン東京
■住所:東京都千代田区紀尾井町4-1
■電話:03-3239-3111

コメント

タイトルとURLをコピーしました