投稿日:  ラーメン, 神田 御茶ノ水 神保町

中華そば 勝本

mmmphfsgmh-5.jpg
新型コロナの影響でしばらくは過去記事です。「中華そば 勝本」は、旧京都全日空ホテルの総料理長を務めていたご主人が開いた店。主は「ミシュランガイド東京 2021」でビブグルマンに選ばれた「銀座 八五」など数店舗を営んでいる。

「特製中華そば」(930円)を注文。ラーメンは煮干し豚骨スープと煮干し醤油スープの2種類がある。特製は味玉、チャーシュー、のりが増量。店内の表記によれば、スープは丸鶏、鶏ガラ、ゲンコツ、煮干し、サバ節、昆布などを使用している。スッキリとしつつも厚みのあるスープだ。
途中で「チャーシューご飯」(300円)も追加した。ご飯物は他にもおかわり無料の「ご飯」(100円)や、限定30食の「卵かけご飯」(280円)がある。

jdsgfhjk.jpg
チャーシューご飯(300円)

jdykfj-11.jpg

■店名:中華そば 勝本
■住所:東京都千代田区神田三崎町2-15-5
■電話:03-3239-7370