2006年10月30日

キッチン南海 神保町

神保町にはキッチン南海、いもやさぼうるボンディなど、昔からの有名店がいくつもあります。特に喫茶店や定食屋は、昔ながらの神保町らしい雰囲気を残した店が多い。その中でも代表的な店は、すずらん通りにある「キッチン南海」ではないでしょうか。僕が知っているだけでも、少なくとも20年弱はいつも満席の状態が続いています。料理が出てくるのも早ければ、客が食べ終わるのも早い。カチャカチャと食器の音だけがする店内は、静かな活気に満ちています。

06103002.jpg

06103001.jpg

学生時代は古本を買いに神保町に通いました。当時よく食べたのは、学生相手にものすごいボリュームを出すような定食屋ばかり。最近ではもう食べる気がしないほどの量で、油の多さも半端ではありません。その頃はあまり通うことがなかった、キッチン南海。客層はサラリーマンが圧倒的に多く、落ち着かない雰囲気に思えました。出来上がった料理は次々とカウンターに上げられ、客も黙々と食べ進めています。ここでは客も店もせわしなく、当時学生だった僕としては、「ゆっくり食事ができない店」という印象でした。

キッチン南海といえば、黒いカレーライスが有名ですが、今回はひらめフライ狙いで訪問。ひらめフライ しょうが焼ライス700円は、お店の人は「ひらしょう」と呼んでいます。19:35に訪問すると、ひらめは既に売り切れ。仕方なく、エビフライ しょうが焼ライス780円にしました。店員さんが「はい、えびしょうが!」と威勢よく叫びます。こちらは「えびしょうが」と言うんですね。

なかなかボリュームのあるセットです。大きなエビが特徴で、衣はカリッとして香ばしい。しょうが焼きは玉ねぎが甘く、いい味を出しています。僕の食べ歩きの原点の街、神保町。その中でも食べ歩きを始めた頃の、わくわくするような感覚を思い出させてくれる店の一つが、このキッチン南海です。



■店名:キッチン南海
■住所:東京都千代田区神田神保町1-5
■最寄駅:都営地下鉄三田線 A7出口 徒歩5分
■営業時間:11:15~16:00 16:45~20:00/土11:15~20:00
■定休日:日曜

千代田区神田神保町1-5


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/26

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)