2007年07月11日

おでん処 こなから 御茶ノ水(前編)

07040601.jpg
文京区のお店を紹介したいと思いつつ、これまでなかなか取り上げる機会がありませんでした。最近文京区の友達も増えていろんなお店に行っているので、今後記事が増えると思います。今回はマイミクの女性4人と創作おでんの名店「こなから」へ。このお店は予約をしないと入店できないお店です。なかなか5人の予定が合いませんでしたが、カウンターのみの店なので2人ずつ2回に分けて行くことにしました。

さて、第1回目は、マイミクKさんとAさん。Kさんが「こなから」に行ったことがあるということで、連れて行ってもらうことになりました。「こなから」の予約は18:00からと20:00からの2回。早い時間だと後半追い出されそうなので、遅い方の時間で予約。でも20:00はちょっと遅いので、19:00に喫茶店で待ち合わせ。三人でお喋りしてから「こなから」に臨みました。(喫茶店は後で紹介する予定です)

07040602.jpg
お通しは3品。かなりしっかりした料理です。お通しでその店の意気込みが分かりますね。

07040603.jpg

07040604.jpg
だいこんはお店のトレードマークのひょうたんをくり貫いています。

07040605.jpg
すいとん。売切れることが多いようなので、「まだありますか?」と確認します。売り切れてなければ食べておくべき一品。

07040606.jpg

07040607.jpg
かきのおでん

07040608.jpg

07040609.jpg
あん肝。「こなから」のいいところは、サイドメニューの質が高いことです。

07040610.jpg
右上の「おこげさん」の上にあるのが、だいこんのひょうたん型をくり貫いた片割れです。

07040611.jpg
銀杏の塩揚げ

07040612.jpg
ごまだれ ごますり 出世 うどん。「こなから」と言えばシメはこれです。ほぼ全員が注文するメニュー。この日もお店の方が「最後うどん食べますか?」と聞いて回り結局全員食べてました。

07040613.jpg

07040614.jpg
真っ白なごまがキレイでした。これを自分ですって待ちます。つけダレはかなり美味しくて、ゴクゴク飲んでしまいますが、最後にスープ割り(右下)があるので全部飲まないように注意が必要。
お店の方によると、このメニューはおでん屋をはじめる前の店からの人気メニュー。常連さんからの要望もあり、「こなから」でも出しているそうです。

【コメント】
「こなから」は「小半ら」と書いて、「1升の4分の1(2合5勺)」の意味。江戸時代の言葉です。この量であれば毎晩気持よく飲めるということで「酒はこなからがちょうどよい」などと使った言葉だそうです。大塚の「こなから」も同じ意味ですが、この店との関係はありません。
ここはほんとに居心地がいい店です。掘りごたつ席のように足を入れて座るので、通路と同じ板の上に座ることになります。荷物置場は自分の後の壁際。自分と荷物の間がトイレへの通路になります。みんなで地べたに座っているような感じがいい雰囲気を作っています。厨房は少し下がっていてお客さんとお店の方が向き合うような関係。居心地がよくて何度も通ってしまう店です。もちろんおでんも美味しい。ここのダシが1番じゃないかと僕は思います。

【参加者】
・マイミクKさん
・マイミクAさん
・くに

【メニュー】2007/7/10現在
《おでん》前品300円
<手作りたね>
はんぺん、いわしつみれ、ごぼう天、さつま揚げ、鶏スパイスつくね、椎茸しんじょう、京がんも、すいとん
<創作おでん>
じゃが丸さん(じゃが芋)、かぼ丸さん(かぼちゃ)、さつ栗さん(さつま芋と栗)、さと丸さん(里芋とえび芋)、あんこ玉さん、おこげさん(米)、れんこん餅
<厳選素材>
だいこん、たまご、こぶ、とうふ、餅きんちゃく、京厚揚げ、みず菜、京湯葉、きくらげ、こんにゃく、糸こんにゃく、関東すじ、白ずいき、ちくわぶ
《絶品》
かきのおでん1,000円
《おすすめ》
ごまだれ ごますり 出世 うどん1,000円

《一品料理》
自家製いか塩辛600円、ゲソピリ辛炒め700円、うどねぎぬた700円、揚げニンイク味噌700円、じゅんさいおろし800円、しらすおろし700円、寒干たくわん700円、長芋の塩焼き700円、京ゆばの刺身800円、銀杏の塩揚げ700円、胡瓜みょうが酢和え700円、なすみょうが和え700円、神田明神天野屋の月見納豆800円
《絶品おすすめ》
かきポン酢1,000円
※その他、ホワイトボード。飲食時間は2時間。

《お飲み物メニュー》
<瓶ビール>
キリン 一番絞り700円
<日本酒>
秋田 両関(燗酒、常温)二合1,300円
秋田 両関(冷酒)300ml 1,300円
新潟 越の誉れ(常温)二合1,300円
秋田 大山(冷酒)300ml 1,300円
<焼酎>
麦焼酎 二階堂 水割り、お湯割り、ロック600円
芋焼酎 からり芋 水割り、お湯割り、ロック600円
ひょうたんボトル(麦)こなから 四合5,000円
→プラス かぼす、梅干、ウーロン割 各100円
<梅酒>
水割り、お湯割り、ロック600円
<ウーロン茶>400円

【お店データ】
■住所:東京都文京区湯島1-9-6
■電話:03-3816-0997
■最寄駅:JR御茶ノ水駅 徒歩10分
■営業時間:18:00~22:30
■定休日:日曜・祝日

東京都文京区湯島1-9-6


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/114

トラックバック

» こなからでおでん from ウォームビューティ モデル、ライター、コーチ、岩瀬玲の日美
打ち合わせが早めに終わり待ち合わせまでお茶をしていた仕事をしつつでその後食べに行ったのはこなからというおでん屋さんこなからのサイトおでんってあまり食べない... [Read More]

コメント

かきのおでん、ぷりっとしてて美味しそうですね♪
ここのすいとんは大きいんですね。色も黒めだし、胡麻かなにか入っているのかしら?

◆ちはやまことさん
すいとんデカくてもっちりしていました。僕はそれほど好きじゃなかったんですが、ここの定番だそうです。でも定番といえば、ここはやっぱり最後のうどんの印象が強いです。

夏におでん…。。
でもいいや、好きだから、おでん。卵が一番好き♪

◆バンヒメちゃん
これ5月のネタなのよ。。
この店美味しいよ。落ち着いたら行きましょう♪

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)