2009年05月19日

すき焼 江知勝 湯島

またまた結婚のお祝いネタです。こうしてみると、かなりいろんな方にお祝いしていただいています。ご都合により披露宴に出席できないとのことで、「そのかわり、お祝いをさせてください」と食事会にご招待してくださいました。江知勝は、本郷三丁目と湯島天神の間の坂の途中にある、明治4年創業、130年以上の歴史がある老舗です。当時の「牛鍋」の味を今に伝える数少ない店の一つだそうです。

09021401.JPG
実は我が家は江知勝のすぐ近くにあります。何度も店の前を通っては、「一度はこういう店で食事がしたい」と二人で話していた店でした。いつ行けるか分からないような宿題店だったので、江知勝を提案された時はかなり驚きました。

09021402.JPG
二人でとぼとぼと歩いて店の前まできました。まだ開店前のようです。あらためて店の中を見ると、旅館か料亭のごとく、綺麗な庭が垣間見えます。江知勝は全席個室です。個室は2人用から40人用まで、20室くらいあるようです。通された部屋は4人用でしょうか。静かで落ち着いた掘りごたつ式の部屋でした。仲居さんが一人付いて、着々と鍋の準備をはじめます。

09021403.JPG
牛肉のしぐれ煮、蟹ともずくのゼリー寄せ

09021404.JPG
刺身盛り

09021405.JPG

「黒毛和牛 すき焼コース」は、6,300円~11,550円まで1,000円きざみで6種あります。前菜3品と、魚焼き物か蒸し物のどちらかが付きます。今回はこの中で一番高いコースということで、かなりの贅沢をさせて頂きました。その他にも「黒毛和牛 しゃぶしゃぶコース」9,450円~11,550円や、「とりすき焼コース」7,350円もあるようです。牛はすべて松坂牛。鶏はコーチン・比内鶏だそうです。

09021406.JPG

09021407.JPG

09021408.JPG
肉は見るからに質の高そうな霜降り肉。割下が濃くて、肉は脂っこいんだろうなと予想して来ましたが、食べてみると意外とさっぱりして食べやすい。濃いめの割下も鍋によく合っていてちょうどいい。これはかなりいけます。正直、老舗は雰囲気を楽しむもので、料理にはそれほど期待せずに行くことが多いのですが、江知勝のすき焼きはかなりオススメできます。霜降り肉なので後半さすがにもたれてきますが、これだけ食べればもう十分すぎるボリュームがあります。

09021409.JPG
追加した玉子が余ってたので、最後は玉子かけごはんにしました。ご飯も玉子もおいしく、割下をたらすと最高のにうまい。江知勝のシメはこれがオススメです。

かわいいお嬢さんにもお会いできました。
今回ご招待してくれたのは・・


コチラ!


■店名:すき焼き 江知勝
■住所:東京都文京区湯島2-31-23
■電話:03-5795-0750
■営業時間:17:00~21:30
■定休日:日・祝、8月の土曜日
2009.02.14

東京都文京区湯島2-31-23


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/525

コメント

おはようございます。

ななななんてすばらしいロケーションでのすき焼なんでしょうか!!!美味しさも何倍にもふくれあがりそうです。2~40名からとの事ですが、これはぜひ、意中の“いい人”と訪れたいです。

くに様の記事の描写とお写真がまた期待をあおりますね!!目の毒です。もちろんいい意味です。

普段、お肉特に牛肉には食指が動かない私ですが、久しぶりにたべたい!!!と思いました。ブロガーさんは本当にそういった意味でも素晴らしいです。

◆はーるんさん
すごくもたれそうな予感でしたが、意外とサッパリしてよかったですよ。肉もすごくいい肉でした。う~ん、おいしかった。

後半のコメントは公開しないことにしましたよ。後ほどメールをお送りしますね。

まさに地元です。
江知勝、風情もあって、すき焼きも美味しいのですが、
仲居さんがホイホイ肉を投入するのが難点ですねえ。
もうこっちはオジサンなんだから、
飲みながら少しづつゆっくり食いたいのに、
あっという間に肉全量投下!
「おかわりはどうされますか?」
いやあ〜まいった(苦笑

◆じくさん
僕も前の家から近かったです。江知勝の肉、結構脂がのっててたくさん食べれないですよね。いい店ですが、まさか星が付くとは思いませんでした。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)