2009年07月01日

ザ・ルイガンズ福岡 1

福岡にきた最大の目的、「ザ・ルイガンズ福岡」です。以前「海の中道ホテル」だった建物を、Plan・Do・See (プラン ドゥ シー)が全面的にやりかえて、「ザ・ルイガンズ福岡」として生まれ変わりました。

090620c01.JPG

090620c02.JPG

090620c03.JPG

090620c04.JPG
中南米のような雰囲気の、開放的なイメージのホテル。「ザ・ルイガンズ福岡」の名前の由来は、20世紀を代表する建築家、メキシコの巨匠「ルイス・バラガン」だそうです。「ルイス・バラガン」といえば、デザインの世界にいた僕にはなじみのある名前です。メキシコの民家のようなカラフルな壁のデザインや、水や光を取り入れた明るい空間を作るのがルイス・バラガンの特徴。そういう目で見ると、「ザ・ルイガンズ福岡」の中南米をイメージした内装は、ルイス・バラガンの建築のようにも思えてきます。

エントランスの横にあるレストランは、海側の扉が開け放たれています。窓からは太陽の光が降り注ぎ、外部と一体となった空間。目の前にはプールも見えて涼しげです。バーカウンターの横にはビリヤード台もあります。かなり利用率が高いようで、いつ見ても誰かが利用していました。

090620c05.JPG

090620c06.JPG

090620c07.JPG

090620c08.JPG
泊まる部屋は7階にあります。「ザ・ルイガンズ福岡」のエレベーターは、カードを入れないと2階と7階には止まりません。2階は「SPAフロア」。SPAだけの利用もできるし、このフロアの宿泊客はそのままSPAにも行けるという贅沢な部屋です。7階は「ルイガンズフロア」と呼ばれている、「ザ・ルイガンズ福岡」の中でも上質な部屋が集まったフロアです。その他にも、5・6階は「グランドフロア」、3・4階は「スタンダードフロア」と様々なスタイルに対応する多彩な部屋が用意されています。

部屋に入ると、目の前に広がる眺望に圧倒されます。「ザ・ルイガンズ福岡」では、全ての部屋がオーシャンビューになっています。今回はウエルカムドリンクとデザートも用意されていました。こういう心遣いは嬉しいものです。我々がホテルに求める要素のうち、ホスピタリティは非常に大きな部分を占めます。「ルイガンズフロア」の部屋ということで、特に気を使っているのかもしれません。

部屋からの眺望は、ほんとに素晴らしい。博多から近い場所にあるとは思えないほど、リゾート気分を満喫できます。明確なコンセプトと細かい配慮によって、実現した空間だと思います。

090620c09.JPG

090620c10.JPG
昼間、うどんやラーメンを3杯も食べたので、腹ごなしに外を散歩することにしました。玄関から外に出て、ほんの2~3分で海に出ることができます。プールサイドと海の間は広大な芝生。子供たちが走り回ったり、カップルがキャッチボールをしています。海沿いには散歩道もあるし、そのまま砂浜に出ることもできます。砂浜に下りると、2~3歳の子供とお母さんが波打ち際で遊んでいました。

こういう場所には余計なものを作りがちですが、「ザ・ルイガンズ福岡」には自然以外何もありません。ボールを投げたり、散歩したり。時間をゆったりと過すには、この方がいい。リゾートホテルには、自然以外は必要ないのかもしれません。天気もよかったし、こんなに気持ちよく、のんびり散歩ができたのは久しぶりのことです。この海沿いの散歩だけでも、「ザ・ルイガンズ福岡」に来たかいがあると思いました。

090620c11.JPG

090620c12.JPG

090620c13.JPG
夕食はプールに面したレストランです。大きく窓が開け放たれていて、外のデッキに出ることができます。この時期、プールサイドにはまだ、人はいませんが、夏になると相当に賑わうはずです。「ザ・ルイガンズ福岡」では、毎週土曜日に花火を打ち上げています。実は昼間の散歩中に、仕込まれている花火を見掛けました。レストランはそこから300mくらいあるでしょうか。とにかく目の前に花火が上がるので、すごい迫力。ほとんど宿泊客だけのためにあるような花火です。こんな贅沢な思いができるとは。泊まりに行くなら、ぜったいに土曜日がオススメです。

090620c14.JPG
和牛サーロインステーキ

090620c15.JPG
完熟メロンのスープとミルクジェラート

料理はそこそこのポーションがあります。みんなでシェアする案もありましたが、結局自分が好きなものを頼むことにしました。注文は、「ロブスターグリルサラダ パシフィックスタイル」、「生うにとあさりのスパゲッティーニ」、「和牛サーロインステーキ ガーリックオニオンソース」など。3皿くらい好きなものを選んで食べるのがいいようです。デザートは「完熟メロンのスープとミルクジェラート」。これはうまかった。このレストランもプールサイドも、やはり夏がよさそうです。花火も見れるし、そのまま海にも出ることができます。



まだまだ伝えきれませんが、とても雰囲気のいいホテルです


詳しくは・・


コチラ!




トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/555

トラックバック

» 【特別番外編】 癒しのスパ&リゾート☆ザ・ルイガンズ 福岡で・・・のびの~びー\(^◇^)/その1 from 神戸っ子ゴハン
福岡は→志賀島に続く砂州。海ノ中道でのび~~のび~~~\(~O~) 夏を先取り... [Read More]

コメント

あ。天気がいい・・・。笑
さすがですね!

皆さんの写真を見ても、ちょっとずつお部屋が違ってて楽しいー。
くにさんのお部屋は私のと似てるかなって思ったけど、やっぱりちょっとだけ違ってます^^

土曜日の花火、すごーい。
うらやましいです。

一足早く夏のバカンスを楽しんだという感じだのう。
ルイス・バラガンを知っていたのか?
たいしたものじゃ!
私はルイス・ファルナンデスなら知っていたのじゃが・・・。

花火、すごいキレイ~
一眼で、しかも三脚ナシでこんなに撮れるなんて、素晴らしいですー!!
迫力がビシバシと伝わってきます^^。

水辺(プール)が近かったので、窓から入ってくる風がとても心地良かったのが印象的でした。

こんにちは。

時間を忘れますね~!ゆったり歩きながら、日没を浜辺で眺めてみたくなりました。

ホテルのウェルカムサービスの一つのマカロン、55aiai様のお部屋のものとは違うんですね。

◆55aiaiさん
やっぱり雨でしたね^^;うちにはトンデモナイ晴れ男がついていたもんで(笑)

ここ行くなら土曜日がいいですよ~。花火最高!

◆ヒロキエさん
ここは夏は特によさそうですね。これだけ博多から近くて、リゾートホテルですから、使い勝手よすぎます。

ルイス・ファルナンデス・・検索したら野球選手とかいっぱい出てきました。。

◆蓮花ちゃん
最近のカメラの性能はすごいです。蓮花ちゃんも買い換えたら?笑

あの席は気持ちいいですよね。花火もよかったなぁ。

◆はーるんさん
55aiaiさんとは行った時期がちょっと違うんですよ。心遣いがいいホテルは心地よいものですね~。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)