2010年02月16日

第23回 フードジャーナリスト会議 東京京都大学プレプレオープン!

第23回 フードジャーナリスト会議に参加しました。今回のテーマは、「京都ツウ!傾向と対策2010」。そして、裏テーマが「東京京都大学」プレプレオープン!」というもの。会場は100人を超す、食・出版・メディア関係などの人々で大盛況でした。

会場

おみやげ紹介

東果大阪
まずは、わぐりたかしさんと、葉石かおりさんによるおみやげ紹介から。東果大阪株式会社(一品一会)の幻のグレープフルーツ『ゴールデンオロブロンコ』。カンロ飴と料理通信のコラボ開発商品「とろり、とけあうキャラメル」。京都北山マールブランシュの「お濃茶ラングドシャ『茶の菓』」。祇園の料亭で使われている、八代目儀兵衛さんの米など。

※一番下のリンク先に、おみやげの詳細・リンク先などがあります。詳しくはそちらをご覧下さい。

藤田功博さん

関谷江里さん
今回はお二人のゲストスピーカー。まずは、オールアバウト「京都」ガイドを担当されている、株式会社「のぞみ」代表、藤田功博さん。京都ガイドブックの編集や、観光企画などを手がけている方です。京都大学在学中に出版した「歩きたくなる京都地図本」が30万部を超える大ヒット!みなさんもこの本は見たことあるんじゃないでしょうか。この後の懇親会で向かいの席になり、京都の肉割烹や渋谷「ゆうじ」の話で盛り上がりました。

藤田功博さんのスピーチは「ヒットする京都企画の秘密~2010年、京都はこう動く!」。この中で京都の観光に対して様々な分析をされていたのですが、興味深かったのは、「京都観光客のうち、20代の女性はわずか7%しかいない」ということ。てっきり20代女性が京都観光の大半を占めていると思っていたのですが、この結果には驚かされました。

もうお一人は、「京都偏愛フリーエディター&ライター」の関谷江里さん。この写真で説明しているのは、半兵衛「麩」ではなく、半兵衛「麸」が正解という話。店の名前も難しいものです。関谷さんが「今、いいと思うお店」は、食堂おがわ、じき 宮ざわ、祇園にしむら、ケザコ、京都ネーゼ、SOU・SOUなど。共通点は、小さなカウンター席の店ということです。割烹では、カウンターは特等席。目の前で調理を見ながら、会話も楽しめるところがいいですね。

おみやげ

料理
終了後、近くの中華料理屋で懇親会開始。少人数で中身のあるお話が出来ました。さて、未だ正体不明の「東京京都大学」。これからどのように展開していくのでしょうか。今後はフードジャーナリスト会議だけでなく、「東京京都大学」にも注目したいところです。






トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/673

コメント

今月末に偶然にも京都に行きます♪
滞在15時間ぐらいですが、SOU・SOUで友人と待ち合わせをしたので、おすすめに書いてあってうれしくなっちゃってます♪

「とろりとけあうキャラメル♪」
食べたいですううううう
買えるかな~?
美味しい情報ありがとうございますっ
メモメモッ^o^

◆yuricoさん
お!京都ですか。僕も来月土日で行くんですよね。「とろりとけあうキャラメル」おいしいですよ。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)