2010年08月30日

サントリー トリスハイボール セミナー

今週から、サントリーのトリスハイボール企画がはじまります。長年愛されてきたトリスは、9月21日(火)に「トリス<エクストラ>」を発売し、大幅にリニューアルをします。トリスハイボールについては、既に2つほど記事を書いていますので、トリスの歴史などはそちらをご覧下さい。新トリス開発のポイントは、ハイボールで飲むことを前提に開発されている点です。ハイボールのためのウイスキーというのは、史上初ではないでしょうか。9月21日(火)には、「トリスハイボール缶」も同時発売します。まずは缶の方で試してみるのもいいかもしれません。

10082401

10082402
赤坂のサントリーの会議室に6人のブロガーが集合しました。試飲を兼ねたセミナーで、今後のトリハイ企画の説明会でもあります。サントリーグルメガイド"の居酒屋特集として、新宿、池袋、神田でトリスハイボールが飲めるオススメ店がリストアップされています。この日集まった6人が、この企画に参加して、合計約30軒を回ります。

トリス<エクストラ>は、キレのよさ、飲みやすさにこだわっています。しかも、ハイボールにした時の味を基準に開発されたウイスキーです。角のようなウイスキーらしい味や香りはおさえて、より飲みやすく仕上がっています。

最近ウイスキーが飲まれるようになったのは、ハイボールの影響が大きいようです。先日、とあるバーのバーテンダーさんが、「最近は、女性もシングルモルトを飲むんですよ」と教えてくれました。角ハイボールからはじまり、山崎や白州のハイボールでウイスキーのうまさに目覚めた人たちが、「アイラモルトでハイボール作ってください」というような注文をしはじめたそうです。女性には抵抗のある、ウイスキーのハードルを下げた、角の功績は大きいと思います。その角よりも、更にハードルの低いトリス。より多くの人たちが、ウイスキーの世界に導かれてくるのではないでしょうか。

女性といえば、ワインや日本酒などの醸造酒が好きな人が多いようです。それに対して、ウイスキーやブランデーのような蒸留酒は、男の酒という印象が強いでしょうか。でも僕は、ウイスキーこそが女性にぴったりの酒だと思います。セミナーでも出ていましたが、ウイスキーには糖質やプリン体がほとんど含まれていません。これは「蒸留」という過程により、余分な成分が落とされるからです。対して、ワインや日本酒には、糖質やプリン体がたっぷりと含まれています。まずそこが違う。それから「蒸留」の後、樽で「熟成」するんですが、その時、樽材由来のポリフェノールがウイスキーにしみ出します。このポリフェノールは、赤ワインとほぼ同等の効果があるそうです。更に、ウイスキーの樽の香りには、リラクゼーション効果もあります。こうして書いてみると、ウイスキーはいいことばかりです。アルコール度数が高いので、飲み方には注意が必要ですが。ウイスキーは純度が高いので、飲み過ぎてもあまり悪酔いはしないようです。ウイスキーを飲んでいれば、次の日もスッキリと目覚めることができます。

10082403

10082404
ウイスキーは、飲み口が硬い酒という印象もあります。飲み慣れない人には、なかなか取っ付きづらいものです。そのハードルを下げるのが、ハイボールではないでしょうか。特にトリスハイボールはスッキリと飲みやすい。癖のない味なので、いろんな味を付けやすいのも、飲みやすくする要因だと思います。まだハイボールを飲んだことない人は、まずはトリスハイボールを飲むことをオススメします。

梅、柚子、ペプシコーラでハイボールに味付けを試みました。バリエーションの幅が広いのも、トリハイの特長の一つです。角は、しっかりとした味と香りがあるので、ソーダだけのハイボールがオススメ。入れてもレモンくらいでしょうか。柑橘類には合いますが、あまりコーラで割りたい気はしません。トリスの場合は、ハイボールを前提に考えているだけあって、ソーダで割るとなじみがいい。余計な香りや雑味がないので、何にでも合わせやすい。まさにウイスキーの入門にピッタリです。
 
今回の企画では、新宿、池袋、神田で、トリスハイボールが飲める居酒屋をご紹介します。僕の担当は4軒。角ハイボールが飲めなかった人も、トリスハイボールだったら飲めるかもしれません。サントリーがセレクトしたオススメ店ばかりですので、気になった店に寄ってみてはいかがでしょうか。


新宿 居酒屋 特集 全国版 サントリーグルメガイド 池袋 居酒屋 特集 全国版 サントリーグルメガイド 神田 居酒屋 特集 全国版 サントリーグルメガイド


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/747

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)