2011年11月15日

野崎酒店 居酒屋 新橋

新橋といえばサラリーマンの街というイメージが強い。事実、夜新橋を歩いていると、居酒屋で飲んだくれたおじさん達に遭遇する機会はかなり多い。一方で単にそれだけでは片づけられないような多様性を秘めているようにも思う。僕が新橋で飲み歩いた店の中には、鳥九のように焼き鳥が素晴らしい店や、舞浜のように魚がうまい店など、個性的な店がかなりある。中華料理の鴻運、餃子の玲玲、立ち飲みの豚娘なんかも面白い。こうしてみると、単にサラリーマンの街などと安易にくくることができない奥深さがあるように感じる。野崎酒店についても同様で、こういう店が駅の近くにあるということが新橋の奥深さを象徴しているように思う。

11060301
今回は日本酒マニアのイボクさんのお誘いでマイミク4人が新橋に集合した。新橋という場所柄、もっと安い店で飲む人が多いだろうから、店は空いているだろうと油断していた。かなり早めの時間だったにもかかわらず、野崎酒店はすでに満席。席が空いたら連絡をもらう約束をして、まずは他の店で乾杯することにした。かわりに入ったのはカフェのように外に座席がある店で、まさにお茶をするような感覚でビールを飲むことができる。こういう店は使いやすい。お店から連絡があればすぐに出なければならない。5人で飲み屋に入って、ハイさようならたらというのも店に悪い。でもこういうタイプの店なら気兼ねはいらない。サッっと飲んでサッっと出る。空いた時間をうまく使うことができる。

野崎酒店に戻ると、店はまだ多くの人がいて、席があるようには見えなかった。イボクさんがお店の人と話をして戻ってきた。どうやら地下に席ができたようだ。地下の熱気は凄まじかった。日本酒好きの人が集まる居酒屋でよく感じるあの熱気。熱心が酒気を帯びたような、あの独特の雰囲気は何なんだろうか。いい居酒屋の中には、銘柄なんか気にも留めない店もあれば、うまい酒、珍しい酒を皆がむさぼる様に飲んでいる店もある。野崎酒店は後者の店だが、ここだけでなく最近の日本酒メインの居酒屋はみな同じなのかもしれない。

11060302

11060303

11060304
日本酒は非常に種類が豊富だ。担当になった店員さんは、いかにも酒が好きそうな威勢のいい女性。聞けばいろいろなことを教えてくれる。こういう店でポイントになるのは、酒の揃えよりも店員の知識の豊富さだ。料理との相性や客の好みに合う日本酒をどれだけ提案できるか、その酒の特徴をいかに分かりやすく説明できるか、そういうところに違いがでる。野崎酒店には日本酒に詳しいだけでなく、いかにも日本酒を愛しているという感じの店員がいて好感が持てた。メニューにも、たとえば、「三芳菊純吟(徳島)亀口直汲み、甘くてすっぱい。面白い味わいです。0.7合600円、1.4合1,000円、2合1,500円」などと書かれていて、微笑ましい。日本酒の説明はこれでいいように思う。「リンゴの香り」などと表現した方がより正確に伝わるのかもしれないが、大抵のお客さんにとっては意味がない。「甘くてすっぱい面白い味わい」の方がより飲みたくなるものだ。

11060305

11060306
料理は感動するほどではないが、きちんと選べばそれなりに楽しめる。店中に掲げられた黒板や短冊には、次何を食べようか迷うほどに多彩なメニューが並んでいる。旬鮮刺味おすすめ五点盛2,380円、特製牛すじ煮込み780円、肉だんごと春野菜の煮合わせ680円、南瓜(なんきん)まんじゅう~かにあんかけ~680円などを注文。とにかく酒メインなので料理はつまめる程度にあればいい。刺身は割高に感じるが、質は高いのでそれなりに納得がいく。〆に大盛り田舎ざる(3~4人前)1,380円を追加した。飲んだ後のそばはうまい。そば屋のそばだともっといいのだが、贅沢は言うまい。これだけいい日本酒が飲めて〆にそばまで食べることができる。それだけでも十分に満足できると思う。



■店名:地酒専門 野崎酒店
■住所:東京都港区新橋3-19-4新共ビル1階
■電話:03-6430-3329
■営業時間:平日17:00~23:30、土曜16:00~23:30、日祝16:00~22:30
■定休日:無休


大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/851

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)