2013年02月06日

西口やきとん 浅草橋

レバーとシロ
レバーとシロ
浅草橋の人気店「西口やきとん」。元々西口のガード下で営業していたが、2003年に現在の場所に移転。浅草橋駅の西口から徒歩数分のところにある。創業は昭和48年。安くておいしいのも魅力だが、個性的なメニューが楽しい店でもある。

タンとハツ
タンとハツ

西口やきとんは、「立ち飲み」といえば真っ先に名前があがるほどの有名店。2006年、目の前に「西口やきとん広場」という新店舗をオープンした。これで店に入りきれないということもなくなった。秋葉原の「やきとん元気」は息子さんの店。こちらも最近人気が出てきているようだ。

焼き物はすべて1本100円。タン、ハツ、レバー、シロなどスタンダードなものから、カシラに獅子唐をはさんだ「白獅子」、ハツに獅子唐をはさんだ「赤獅子」などちょっと珍しいものもある。皿ものはすべて200円。どのメニューも値段がかなり安い。

店に入ると手前のカウンターはほぼ満席。奥は座れるテーブル席になっているが、そちらも満席のようだ。手前でゆったり立ち飲みしていたお二人が1人分のスペースをあけてくれた。立ち飲みは席が決まってないので、場所がないように見えてもなんとなく入れてしまう。お隣さんに軽く挨拶をして、さっそく注文。

ホイス
ホイス

カチワリワイン
カチワリワイン(赤)

とりあえず、やきものを適当にお願いした。飲み物は人気のボール(レモンハイボール)ではなく、この日はホイス280円にした。

ホイスというのは、ウイスキーをもじったホイスキーの略。昔からあるハイボールの素だ。漢方薬やワイン、リキュールなどが入っている。焼酎でウイスキーを飲んでいる気分が味わえる?という庶民の味方だ。

西口やきとんの魅力は、値段の安さと味のよさ。一風変わったメニューがあるのもいい。たとえばこの店の煮込みは味噌ではなく塩煮込み。野菜とモツがいい感じで塩味と合う。さっぱりとするのでやきとんのお供にいい。

塩煮込み
塩煮込み

フランスパン
フランスパン

苦茶割りは中国の「苦茶」(くうちゃ)を焼酎で割ったもの。これはさすがにここにしか置いてないんじゃないだろうか。苦茶割りも捨てがたいが2杯目はカチワリワイン(赤)400円にした。ワインもこの店では定番になっている。やきとんに合うからか、赤を頼む人が多いようだ。

最後はフランスパンでシメる。フランスパンを串に刺して焼いただけだが、振りかけられたクレイジーソルトがいい感じだ。カリカリの食感もいい。僕はどうしても最後にこれを食べて帰りたくなる。たぶんこれを食べないと西口やきとんに来たという感じがしない。この店のメニューの中でも僕の一番のお気に入りだ。


■店名:西口やきとん
■住所:東京都台東区浅草橋4-10-2
■電話:03-3864-4869
■営業時間:16:30~23:00、土曜日16:30~21:00、日曜祝日15:00~20:00
■定休日:日曜日、祝日

大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/968

コメント

こないだ久々に行きました!

料理もそうですが、隣の人とつい会話しちゃうような距離感の無さもいいですよね。

◆hiball555さん
ご無沙汰してます。あの距離感がいいですよね。立ち飲みのいい店ってどこもそうですね。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)