2015年10月26日

知多 ウイスキー

知多 ウイスキー

サントリーさんのお誘いで、11年ぶりの新ブランド「知多」のイベントに参加してきた。知多はとうもろこしを原料にしたグレーンウイスキー。様々なサントリーのブレンデッドウイスキーを支えてきた影の立役者だ。知多蒸留所では連続式蒸留機によって、クリーン、ミディアム、ヘビーの3種類のグレーン原酒の作り分けをしている。さらにスパニッシュオーク樽やワイン樽などによって、多彩な原酒を作り出している。それらをブレンドしてできたのが知多という全く新しいグレーンウイスキーだ。

イベントの会場は、六本木の焼き鳥店「燃 WEST」。まずは知多を用いたハイボール「風香るハイボール」で乾杯。その後セミナーがはじまり、クリーン、ミディアム、ヘビーの3種類のグレーン原酒の飲み比べをした。原酒はそれぞれに味わいや印象が違っているけれども、最終的に知多になった時にはバランスのとれたウイスキーになっている。そして知多のオススメの飲み方は、圧倒的にハイボールがいい。まさに「風香るハイボール」の名の通り、爽やかで飲みやすいハイボールなのだ。

知多 ウイスキーは下記リンク(Amazon)から購入できます。⇒知多 ウイスキー

知多 ウイスキー

知多 ウイスキー

まずは知多の「風香るハイボール」で乾杯。なんとも軽い飲み口で、まさに風香るという感じだ。今までのハイボールにはなかったような新しい感覚。これには参加者たちも、「軽くて飲みやすい」とか「料理のじゃまにならないウイスキー」だとか、それぞれに感想を述べていた。

それからサントリー社員の方から知多についての説明があった。知多は今年の9月1日に発売になったばかりのウイスキーで、11年ぶりの新ブランドだという。角ハイボールブームの後、山崎や白州にハマった人は多かった。でもそれらはちょっと高級すぎるという人には、知多はちょうどいいかもしれない。角やトリスよりも高級で、山崎や白州よりもより軽快な印象がある。山崎、白州、響のノンヴィンテージが1本4千円くらいで、知多も3,800円。セミプレミアムウイスキーと言われるやや高級な商品だ。

山崎、白州は、シングルモルトウイスキー、響、角はブレンデッドウイスキー、そして知多はシングルグレーンウイスキーという世界でも珍しいタイプのウイスキーだ。グレーンウイスキーというのは、とうもろこしなどの穀類を原料にしたもの。通常のウイスキーが大麦を原料とするのと比べて性質が全く違うのだ。

知多 ウイスキー

知多 ウイスキー

知多 ウイスキー

知多 ウイスキー

料理が次々と運ばれてきた。「白松茸の茶碗蒸し」はトロトロでどこか燻製香がする味わい深い茶碗蒸し。「ササミと砂肝のお造り」、「千葉県の赤鳥のこころ」など鶏にはこだわりを感じる。こころというのは、ハツのことだ。ハツは鳥の心臓。だから、店によってはこころと呼ぶことがある。

知多 ウイスキー

知多 ウイスキー

知多 ウイスキー

愛媛の「媛っこ地鶏(ひめっこじどり)のふりそで」。媛っこ地鶏を2週間寝かしたもので、藁の香りがする。ふりそでとは、手羽元と胸肉の間。脂は控えめで肉汁が多く上品な味わいがある部位だ。

「エル・フランス」は、フランスのうずらにトリュフ塩。半熟なのが絶妙にうまい。参加ブロガーからの評価も高く、このひと串のために再訪する人もいるかもしれない。そのくらい印象深い1本だった。

知多 ウイスキー

知多 ウイスキー

知多 ウイスキー

レバーとつくねも素晴らしくうまい。つくねの卵は65度に保たれている。65度というのは、卵黄が固まりはじめる温泉卵くらいの状態。つくねに漬けて食べるのに最適な状態だ。

レバーに知多を合わせる。半生の状態に仕上げられた濃厚なレバーに、爽やかな知多ウイスキー。知多はとうもろこしを原料とするグレーンウイスキーだけに、クリアな味わいがある。だから料理のじゃまをしないというのが大きい。繊細で淡泊な日本料理にもよく合うと思う。これは今までのウイスキーにはなかった特徴だ。

知多 ウイスキー

知多 ウイスキー

知多 ウイスキー

シメはラーメンか親子丼か。迷ったけど、僕は親子丼にしてみた。ラーメンは写真だけ撮らせてもらったが、かなり美味しそうだった。親子丼にも豚骨スープは付いてくる。これを飲んで「ああ、ラーメンにしておくべきだった」と思ったが、親子丼も美味しかったので、よしとしておこう。

知多は脂にも合うし、ササミのお造りのようなさっぱりしたメニューにもよく合う。家飲みではやっぱりハイボールだろう。これまでのハイボールとは違ったクリアで爽やかなイメージ。繊細な和食にも合う、とても飲みやすいウイスキーだと思う。

■店名:ヤキトリ燃WEST
■住所:東京都港区西麻布1-1-1 エッジビル1F
■電話:03-3475-1140


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1150

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)