2017年12月14日

ジムビームハイボール列車


サントリーさんから、「ジムビームハイボール列車」にご招待いただいた。この列車はジムビームとJRのコラボで、プレミアムフライデーに合わせて運行する特別列車だ。品川からスタートして根府川駅まで行って最後は新宿に着くのだが、その間、お座敷で「プレミアムフライデーおつまみ弁当」を食べながらジムビームハイボールが飲み放題というお酒が好きな人にとっては夢のような列車だ。時々運行しているようで、一般のお客さんもたくさん乗車していた。


JR 東日本とサントリーは、プレミアムフライデーの趣旨に賛同し、月末金曜にジムビームハイボール列車で行く「ハイボールの魅力を楽しむ旅」を発売している。プレミアムフライデーの「プチ贅沢」ということらしい。今回この列車にブロガー4名で参加させていただいた。4人席のテーブルなので、ちょうどテーブル一つを囲んだ飲み会だ。

お座敷列車でビームハイボール(缶)が飲み放題というのが最大の特徴だが、それ以外にも、特製グラスと「JIMBEAM」ミニボトル(200ml)が1本お土産にもらえたり、サントリー社員による「ハイボールの美味しい飲み方セミナー」というものも企画されている。


僕らの席の近くには、ジムビーム関係のサントリー社員の方々が座っていた。あまりお話はできなかったが、写真を撮らせてくれたりしつつ、ジムビームハイボールをしっかりとアピールしていた。

ジムビームハイボール缶は、ほのかにレモンが香る爽やかなハイボールだ。このおいしさを缶で実現できるというのがすごいところだ。家飲みのレパートリーとして候補に入れておこうと思う。

「プレミアムフライデーおつまみ弁当」は、個性的なおつまみがたくさん詰まったスペシャルなお弁当。どれから食べようか迷うほど、どれも手が込んでいて、ついつい手を出したくなるおつまみだ。

4人でかなり飲んだと思う。普段なかなか話すことごできない様々な話題で盛り上がったのは、お座敷列車という特別なシチュエーションだったからだろうか。列車が動いて駅を通過したり、時々止まったり。夜景が綺麗だったり、それが写真におさめられないほど一瞬で流れて行ったり。列車で飲むのはすごく楽しいものだ。


列車は6両編成で4人掛けで28席(112名)用意されていた。お座敷列車には初めて乗ったのだが、これはかなり楽しいし、酒がすすむ。次回いつ運行されるのか分からないが、気になる方はJRのHPなどを見て、次回の案内を待って下さい。


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1266

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)