2018年09月17日

近江うし 焼肉 にくTATSU 青山本店


にくTATSU盛り

サントリーさんのお誘いで外苑前駅近くにある焼肉店「近江うし 焼肉 にくTATSU 青山本店」に行ってきた。焼肉にくTATSUは、日本三大和牛の「近江うし」専門の焼肉店。近江うしは「鈴鹿山系の地下水」と「焚き餌」による昔ながらのやり方で育てた牛だそうだ。近江うし専門の焼肉店はたぶん他にはないと思うが、コースで5,500円からとリーズナブルな価格設定になっている。


ザ・プレミアム・モルツ

とりあえず生ビール。ザ・プレミアム・モルツだが、これは香るエールの方だろうか。最近は香るエールを置いている店が多い。華やかな香りと軽めの飲み口が若い人や女性にウケているようだ。

近江うしは正肉は肉肉しくジューシーで、霜降りは脂がサッパリとした美味しい肉だった。この日はサントリーを代表する焼肉の「焼き師」の方がすべて焼いてくれるという特別な日。やはり焼き加減がいいと焼き肉は一層うまくなる。焼いてもらった肉を食べてはプレミアム・モルツをいただく。なんとも贅沢な時間だ。


厚切りのタンはオススメだ。にくTATSUは近江うし専門の焼き肉店ということで、どの肉も安定して美味しく安心して食べることが出来る。特にタンが美味しい店は個人的に嬉しい。


にくTATSUユッケ


牛にぎり寿司


「焼き師」は肉の種類によってはワサビを乗せて焼く。これが肉の脂と相まって何ともうまい。ワサビをのせる食べ方にハマりだすと、どの肉にもワサビをのせたくなってくる。特に脂っぽい肉にはよく合うようだ。


角ハイボール

途中からは角ハイボールにシフト。プレミアム・モルツを2杯くらい飲んだ後、角ハイボールに移行するのがいつものパターンだ。


極上ロース焼きすき

「極上ロース焼きすき」は、薄い肉にタレが付いているので、素早く焼かないとすぐに焼けてしまう。伝説の焼き師は、片面を素早く焼いて、手際よく丸めて渡してくれた。これを卵に漬けて食べると、まさに極上。これだけ薄いとすぐに貼り着いてしまうので焼くのはかなり難しい。脂の乗った薄い肉を焼くには技術が必要なのだ。


近江うしのホルモン


ホルモンも近江うし。ホルモンは普通はいろんな個体が混ざってしまうものだが、にくTATSUでは近江うしだけのホルモンを食すことができる。僕はホルモンのうまさに感動していたのだけど、みんなは正肉が好きなので、喜んで食べていたのは僕だけかも知れない。


ジムビームハイボール

ここらでジムビームハイボールに切り替える。後半になるとジムビームハイボールを飲み始めるのもいつもの展開だ。角ハイボールとはまた個性が違うのがいい。


キムチ、ナムル、サラダなど


デザート

■店名:近江うし 焼肉 にくTATSU 青山本店
■住所:東京都港区北青山2-11-15 町田ビル1F
■電話:03-6427-3651


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1291

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)