投稿日:  

マッカラン蒸留所 (THE MACALLAN) & スペイ川 スペイサイド

マッカランは『ウイスキー読本』という本で「シングルモルトのロールスロイス」と絶賛されたウイスキーです。スペイサイドで最も有名な蒸留所の一つですが、プライドの高さもNO.1。品質への自信は相当なものです。

081013g06.JPG
広大な敷地には、美しい風景が広がっています。こういう美しい自然の中で作られるマッカランはやはり特別な存在です。

081013g02.JPG
案内をしてくれるアレックさんです。マッカランは撮影禁止ということで、今回は製造工程の写真は撮れませんでした。

081013g01.JPG
ポットスティルを外から撮影。ポットスティルが並ぶ姿の美しさは感動的。でも残念ながら内部は撮影禁止です。

081013g03.JPG
ウイスキーは樽などの条件によって様々に変化します。これは原酒を使ったパネル。こういう見せ方をすると展示が楽しく印象にも残ります。

081013g04.JPG
滴の形をしたガラスに穴が開いていて香りを嗅ぐことができます。ウイスキーの評論では「チョコレートの香り」や「バニラの香り」などと言いますが、ここでは実際にチョコレートやバニラが入ったケースで香りを嗅ぐことができます。蒸留所もこういう基礎的な教育に着目しているんですね。

081013g05.JPG
これは樽作りの道具。樽作りの展示はいろいろとありますが、スぺイサイドクーパレッジに行ったばかりなのでこの辺はサラッと見ます。

081013g08.JPG
敷地の一番奥には牛たちが放牧されています。この牛は「スコッチ・ハイランド・キャトル」という牛。高級肉のハイランド牛(Highland cattle)はこれです。

081013g07.JPG
お楽しみの試飲のためゲストハウスに戻ります。敷地が広いので戻るのも大変です。写真を撮っていたら置いていかれてアレックさんとウドさんはあんなに遠くに。。

081013g09.JPG
新しい熟成倉庫を3棟も増設しています。いま15万樽熟成しているのを更に5万樽追加できる予定。それだけ今ウイスキーは売れているということです。

081013g10.JPG
お楽しみの試飲タイム。さすがにマッカランの質の高さには目を見張るものがあります。

081013g11.JPG
隣はブレンダー室。マッカランではブレンダーとは言わず、ウイスキーメーカーと言っています。普通の蒸留所は多くをブレンデットウイスキー用に出荷しますが、マッカランでは昔からほとんどをシングルモルトで販売しています。ウイスキーをブレンドしてるわけじゃない、という自信の表れですね。

081013g12.JPG
マッカラン蒸留所のすぐ近くにあるスペイ川。ウイスキー好きにはたまらない存在です。

081013g13.JPG
水が茶色になっています。ピート層を潜って出てきた水はこのような色になります。この川を見てようやくスペイサイドに来たことを実感しました!この水で水割りを・・というのはまた後日登場します。

※ツアーの詳しい内容やマニアックな蒸留所訪問記は下記アドレスからご覧ください。

JALPAKのホームページは  ⇒コチラ!

サントリーBAR-NAVIは    ⇒コチラ!