酢飯屋

スポンサーリンク

都内某所で開催された、築地王さん主催の忘年会に参加してきました。お店は「寿司の伝道師 」を自認する岡田大介氏の「酢飯屋」です。酢飯屋は自宅で1日9名限定・完全予約制での営業や、寿司出張サービスなど、変わったスタイルで寿司を握っていました。今は1年限定で店舗を借りて営業していますが、電話や住所などは秘密。以前から噂には聞いていたので、どんな寿司なのか楽しみです。
08122601.JPG
店内は右側にカウンターがあり、正面にテーブル席、左側が小上がりになっています。店に着くと、築地王さんの奥様が「くにちゃん、こっちこっち」と呼んでくれます。事前にテーブル席と小上がりの2グループに組み分けされていました。僕は小上がりのグループで、席は築地王夫妻の目の前です。
この会は、自分が好きなお酒を持ち寄るルールになっています。僕は大好きな「酔鯨」の一升瓶で参加しました。お酒を渡しに行くと、「冷酒はもう何本かありますから、常温にしましょうか。酔鯨はしっかりしているので、常温でもイケますよ」というので、お任せします。
08122602.JPG
08122603.JPG
大きな鮪の中落ちが運ばれてきました。これだけの大きさのものがいくつも運ばれてくると、会場が沸きます。でもこの料理に関しては賛否両論あるようです。僕は自分で削って食べるのが楽しいので、結構お気に入りでした。この料理には楽しさがあります。
08122604.JPG
みなさんが持ってきたお酒で驚いたのは、築地王の奥様持参の「GEORGES DUBCEUF」。なんと僕がブログで紹介したのを見てくれていて、このワインを選んでくれたそうです。「GEORGES DUBCEUF」はボジョレーヌーボーの中では、かなり好きなワインなので、僕も少しいただきました。
月島仮面さんも、普段飲めないような珍しい日本酒を2種類持ってきていました。どちらも野生的でおいしい日本酒。どこかで売っていたらぜひ買ってみたい個性的な味わいでした。
08122605.JPG
料理で気に入ったのは、蟹でした。蟹味噌がたくさん入っていて、なかなかウマい。酒はたくさん飲んでいるはずですが、如何せん持って来すぎなのでなくなりません。とうとう自分で「酔鯨」を持ってきて飲みますが、これも飲みきれなかったようです。
08122606.JPG
08122607.JPG
08122608.JPG
08122609.JPG
後半ようやく寿司が出てきますが、この頃になるともうだいぶ酒が入っています。写真は撮ってますが、食べた記憶がないほど。酢飯屋さんをこの人数で貸切るとは、なかなかできないことだと思います。段取りをしてくれたGenetさんありがとうございました!

コメント

  1. 月島仮面 より:

    いろいろなお酒がたくさん飲める楽しい食事会でした~
    幻の酒を気に入って頂けて安心しました!!

  2. くに より:

    ◆月島仮面さん
    いろんな酒が飲めましたね~。
    あのお酒はすごいですね。いつか現地で出来たてを飲みたいものです。

  3. ワシ・ブロ より:

    テーブル隊のワシ・ブロです〜(・∀・)
    しっかしあらためて思い返すと、本当にすんごい料理にすんごいお酒でしたね〜♪
    ワシ自身が酔豚になっちゃって、くにさんの酔鯨までは飲めなかったですが(^^;
    また、ぜひともご一緒させてくださいませ〜☆
    p.s.怒濤の三島うなぎレポも、おつかれさまでした〜(^o^)/

  4. くに より:

    ◆ワシ・ブロさん
    完全に2分されてましたよね^^;
    残った酔鯨はどうなったのでしょう・・(笑)
    また飲みましょう♪

タイトルとURLをコピーしました