ゆどうふ 奥丹清水 京都

和食 寿司
スポンサーリンク

190102a_13.jpg
新型コロナの影響でしばらくは過去記事です。「ゆどうふ 奥丹清水」の創業は江戸時代初期の1635年。今から385年前というから古い。客間から見える庭は600坪もあり、その地下には豆腐工房があるという。この店で出す豆腐はこの豆腐工房で造られている。仕込みには滋賀県北比良地方の地下水を使用し、専用の部屋で天然のにがりを抽出している。
コースは、「昔どうふ一通り」(4,000円)、「おきまり一通り」(3,000円)、「島どうふ一通り」(4,000円)、「冷奴一通り」(3,000円)などがある。店内は暖かく静かで落ち着く。こういう店でゆどうふを囲みながら日本酒をいただくと、気持ちが緩んで穏やかな気分になる。昨年の正月はこの店で静かに始まったのだった。


190102a_04.jpg
190102a_05.jpg
190102a_06.jpg
190102a_08.jpg
190102a_09.jpg
190102a_10.jpg
190102a_13.jpg
190102a_14.jpg
190102a_15.jpg
190102a_16.jpg
190102a_07.jpg
とろろはそのままでもご飯にのせてもいい。
190102a_17.jpg
190102a_18.jpg
190102a_19.jpg
190102a_21.jpg
トイレの場所は分かりづらい。僕らの席からだと、まっすぐ行って少し左に行って階段を下りたところにあった。途中で色紙などいろんな物を見ることができる。
190102a_01.jpg
190102a_02.jpg
■店名:ゆどうふ 奥丹清水
■住所:京都市東山区清水3-340
■電話:075-525-2051

コメント

タイトルとURLをコピーしました