穂濤(ほなみ) 金沢

和食 寿司
スポンサーリンク

17A41F76-46D4-44C7-B5EF-05C24631466A.jpeg
新型コロナの影響でしばらくは過去記事です。糸魚川から白川郷に向かいます。途中で金沢に寄ったので念願の料亭に行くことにしました。金沢といえば料亭ですよね。行きたい店はたくさんありますが時間がないので1軒だけ、ミシュラン二つ星の「料亭 穂濤」に行くことにしました。


夜は「四季会席料理」または、そのうち2〜3品が加賀料理になる「加賀会席料理」があります。コースはそれぞれ12,000円、15,000円、18,000円、お任せ(要ご相談)となっています。今回は18,000円の加賀会席料理にしました。その他にも冬季11月〜3月限定の「ずわい蟹(雄)会席料理」、冬季11月〜12月限定の「香箱蟹(雌)会席料理」などがあるようです。
A4F3118B-8EC1-4113-8902-7E0D6FDE4E33.jpeg
金沢駅から歩くと40分くらいかかります。「犀星のみち」と名付けられた犀川(さいがわ)沿いの桜並木にお店はありました。この道は文豪室生犀星がよく散歩をした道だそうです。
2A25BF5A-9F71-481B-8D5C-5A9BC6BF0E9C.jpeg
1A7CF457-2D51-4396-A644-F80F4243BE83.jpeg
お部屋に通されました。庭の緑が見えます。
0ED3A7CB-95F2-4A79-9518-8F3BB1C1AE0C.jpeg
C855DCC4-F16E-43A3-BD61-6B570EC035A8.jpeg
シソのお茶
7D856CCE-6574-4CA8-B5E6-97CB65642775.jpeg
0E843376-F6EE-4056-A0EE-3055DCBF2D99.jpeg
湯葉のスリ流し
C30C467F-1025-474B-8465-56F9C12C69A7.jpeg
金時草のおひたし、ゴリ、トマトの中にかぼちゃのサラダ、とうもろこしと白魚の揚げ物、アボカドと生ハム、ハタハタの南蛮漬け、うなぎの飯蒸し。ちょっと攻めている組合せです。
1E46A456-FCD9-44C5-B964-1254812ADDBE.jpeg
うなぎの飯蒸し
31FBB767-738F-4BE2-A45D-D6A2AF33C9F7.jpeg
お椀、おこぜの揚げたもの
7296D9E8-4284-453B-80FF-5C332AE1AEEC.jpeg
加賀蒔絵 富士三保松原。外側は普通のお椀に見えて開けると豪華な蒔絵になっています。
17A41F76-46D4-44C7-B5EF-05C24631466A.jpeg
B005B94F-5F0B-40E0-AC20-A9E366608D58.jpeg
お造り。メバル、キジハタ、カサゴ、マグロ
AE32E2D5-A561-4B22-A211-53A3D2E9B592.jpeg
焼き物。甘鯛の織部焼き
4934784D-75BF-46B6-855A-0021A49F80A6.jpeg
加賀蓮根の蓮蒸し
952A989B-6A69-4785-9927-DA61AE2B5790.jpeg
治部煮。金沢の代表的な郷土料理です。鴨を鳥にしたりもするそうですが、鴨猟の後に食べたものなので鴨が基本です。
37D4AB4A-0E27-4CFF-A0F2-372EB2A047CF.jpeg
酢の物。アワビ、車海老、ハスイモ、きゅうり
0585C114-B1F1-4D89-A239-9579779A6570.jpeg
417B1EED-FECA-4085-9DE5-BB0FB4EE7378.jpeg
BB0C3F52-7E85-4457-9096-BCC31BC93F0D.jpeg
タコのご飯。油揚げとなめこの味噌汁。
7713F18D-4722-4217-9090-187F60953E5F.jpeg
マンゴーと梨
4B1D4B76-2D2C-445F-9498-A42C4DB22D88.jpeg
55BE7F1A-70C3-4F03-8721-853512BDE5DC.jpeg
葛切り。今まで食べた中で一番美味しい葛切りでした。
0C3C9933-9969-4CA9-9140-DC50F898CFE5.jpeg
■店名:穂濤(ほなみ)
■住所:石川県金沢市清川町3-11
■電話:076-243-2288

コメント

タイトルとURLをコピーしました