投稿日:  フレンチ, 福岡

オーグードゥジュール メルヴェイユ 博多

ddkunghjks-9.jpg
新型コロナの影響でしばらくは過去記事です。オーグードゥジュール メルヴェイユ 博多は、「ミシュランガイド福岡・佐賀・長崎2019特別版」で一ツ星を獲得。訪問時はまだ星を取っていなかったが、近いうちに取るかもしれないという期待感はあった。

シェフはこれまで様々な店で経験を積んできた。パリのアラン・デュカス、ピエール・ガニェール、東京のロブション、ピエール・ガニェール・ア・東京、北海道のミシェル・ブラス トーヤ ジャポンにも在籍していた。

一流どころに在籍していれば一流になれるというわけではない。その経験を活かせるかどうかは人によるだろう。一流店に在籍していたと言っても、見た目やアイデアの模倣だけで、統一感のない料理はよくあるものだ。

写真は「北海道産 ホワイトチェリバレー鴨のロースト ヴァンドゥヴァンの香り きのこのソテー添え」。ヴァンドゥヴァンというのは、クミン、カレーリーフ、ターメリック、ニンニクなどを使ったスパイス。これに真空状態で1週間つけているという。

お昼の6,500円のコースにしてはかなりコスパがよく、満足度も高い。店名を「merveille(奇跡)」としたのはすごい自信だと思う。

ddkunghjks.jpg
~慶~ 小岸シェフのお楽しみのアミューズ
トリュフに見立てたコロッケ、熊本の赤牛、ブリは蓋つきで香りにこだわりを感じる。

aahdhkgf-2.jpg

ddkunghjks-3.jpg

ddkunghjks-4.jpg

ddkunghjks-5.jpg
~暖和~ 真空調理したアンディーブのサラダ ズワイガニとグリーンカレーソース。グリーンカレーは結構辛い。アンティーブは冷たくて他は温かいので温度差が際立っていた。

bbdjudnkxg-6.jpg

ddkunghjks-7.jpg
~木の実~ 北海道産ホタテ貝のグリエ 焼きナスのコンソメとピューレ。ナスのソースは炭火焼きしたような香り。ホタテにつけるとホタテは焦がしてないのに焦げた香りがつく。

aahdhkgf-8.jpg
~調和~ 長崎県産サワラのポワレ 蕪のプレゼと酸味のあるジュ。福岡産のカブは真空調理で繊維を残している。カブがとても旨い。

ddkunghjks-9.jpg
~旨味~ 北海道産ホワイトチェリバレー鴨のロースト ヴァンドゥヴァンの香り きのこソテー添え。火入れは完璧。脂身を残してあるのもいい。とても美味しい一皿だった。

ddkunghjks-10.jpg

ddkunghjks-11.jpg

ddkunghjks-12.jpg
「散歩」3,000円、「出会い」6,500円、他にも9,000円と13,000円のコースがある。13,000円のコースは要予約。

■店名:オーグードゥジュール メルヴェイユ 博多
■住所:福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多シティ 9F(博多駅直結)
■電話:092-413-5301