2006年12月20日

あんこう屋 高はし 築地

「論より食事」の西新橋一時勤務さんの呼び掛けで実現した、築地で朝ごはん「高はし&かとう」食べ比べ。以前、もんぜき通りを食べつくしたメンバーも加わり4人で朝の築地に突撃しました。この日は「高はし」→「かとう」→「愛養」と渡り歩き、最後に1人で「大森」に向かいました。まずは1店目、「高はし」の紹介です。

06121501.jpg

06121502.jpg

06121504.jpg
あんこう煮 V-MAX 定食(時価:2,800円)は、薄味だが味わいは濃厚。臭みが全くないのには驚かされます。あんこうの様々な部位が入っていて、それぞれ違った食感が楽しめます。昆布出汁にあんこうの肝を溶いた汁は、シンプルだが奥深い一杯。名物のアンコウ煮は冬季限定(9月下旬~3月下旬)のメニューです。

若狭の小あまだい一夜干し2,200円は、とにかく香ばしいの一言。匂いだけでご飯一杯いけそうなほど、食欲をそそる香りを放っています。ほんの少し手を加えただけで、これほど食材の味が引き立つものでしょうか。焼き魚に対する認識が変わる程の感動でした。これは必食です。高はしといえば、穴子丼も有名。あなご柔らか煮800円を、tsukijigoさんから少し頂きました。柔らかくておいしい穴子。次は穴子丼も食べてみたいですね。

06121505.jpg

06121506.jpg

06121507.jpg
店内に残っていたtsukijigoさんが若旦那と何やら話をしています。何の話をしているのだろうと言いながら外で待っていると、tsukijigoさんが満面の笑みで出てきました。若旦那があんこうを見せてくれるということで、店の裏に向かいます。裏には大旦那が待っていました。大旦那があんこうの中を見せながら説明をしてくれます。続いて太刀魚など仕入れたばかりの魚が次々と出され、ちょっとした講義が始まりました。tsukijigoさんのおかげで、得がたい経験ができました。このサービス精神も高はしの魅力ではないでしょうか。詳しくはこちらをご覧ください。

※tsukijigoさん=つきじろうさん

【参加者の記事】
「春は築地で朝ごはん」tsukijigoさん
「ゆる~り、ゆるゆると~」(Kisakoさん)
「論より食事」西新橋一時勤務さん



■店名:あんこう屋 高はし
■住所:東京都中央区築地5-2-1(8号館)
■営業時間:7:00~13:00
■定休日:日曜・祝日・市休日

東京都中央区築地5-2-1


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/33

コメント

tsukijigoさんの量の感覚にもついていけるのは、くにさんだけ
ですー。
あんこうおいしかったですね(^^)
今後、なんか食べたいとき、助っ人としてオファーすることも
あると思いますのでよろしく☆彡

>Kisakoさん
残念ながらtsukijigoさんの量の感覚には僕もついていけません。^^;

ぜひぜひ!お供しますよ~。
一人では食べれなくても何人かでシェアすれば、いろいろ食べれますもんね☆

遅くなりましたが、先ほど、私の方の記事内にリンクさせていただきました。

たくさん食べられる人と一緒だと楽しいですね。次の築地は肉中心でしょうか。また是非よろしくお願いします。

>西新橋一時勤務さん
記事内リンクありがとうございます。
次は肉という雰囲気もありますね。
個人的にはそろそろ寿司かなと思ってます。
次回もぜひご一緒させて下さい。

アンコウがすごい〜。大きい〜。
吊し切りにするんですよね。
美味しんぼでみましたよ。
ホンモノは、やはりグロテスクと言えるかも。。(^^;

>ジジの飼い主さん
どうもです~。
僕も吊し切りだと思ってました。
水を入れて切ると・・・ドバァーってなるんですよね?
でもこの大きさだと吊るさないって教えてもらいました。
吊し切りはあんまり見たくないですけど。^^;

今でも観光地化した築地ではいいほうだと思うが15年くらい前は最高だった。先代の女将がいた頃は、鮟鱇煮は器が質素で、安くまだあるのと思うくらい量も多かった。

◆masさん
コメントありがとうございます!
15年前の高はしに行っているとはすごいですね!
僕は今の高はしでもすごい店だと思います。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)