2007年02月18日

寿司大(スシダイ) 築地

「論より食事」西新橋一時勤務さん「小マメ録」小マメ太郎さんと築地へ。お店も決めずに集合したわけですが、とりあえず「高はし」の様子を見に行くと、「本日あんこう煮販売ございません。どうやら暖冬で鍋物が全然売れないので、荷主が呼ばないのが理由みたいです。当店でも、煮魚・焼魚の美味しい気候だし。そんな訳で<本日の煮魚セレクション>・・・」とあります。この看板毎朝写真撮ってUPするブログも成立するかも・・と思いつつ、「寿司大」と「大和寿司」あたりの様子を見に行く。「寿司大」は10人弱の行列。「大和寿司」は並びなし。出勤前なので、とりあえず「寿司大」に並んで時間を見ながら判断することに。回転が悪くてヒヤヒヤしましたが、この店の丁寧な対応と店内に流れるゆったりとした空気からすると、それも仕方ないかなと思います。
寿司大の後は西新橋一時勤務さんと「八千代」の「チャーシューエッグ」を食べて、「喫茶 岩田」にも行きました。

07021501.jpg
左上:本まぐろとろ
右上:平目(塩)
左下:金目鯛昆布〆
右下:うに

07021502.jpg
味噌汁。

07021503.jpg

左上:さわら(ポン酢)
右上:富山の白海老
左下:ねぎとろ巻き、ひもきゅう巻き
右下:淡路の釣りアジ
ほっき貝:写真なし。

07021504.jpg
左上:玉子焼き
右上:まぐろ漬け
左下:穴子
右下:氷見の寒ブリ(サービス1品)

07021505.jpg
「岩塩はボリビアですか?」と聞くと「ボリビアの岩塩です」との答え。寿司屋に行くとよくこの質問をしますが、大体ボリビアです。

【コメント】
築地市場内有数の人気店。いつも行列ができている。店内はカウンター12席のみで、一人一人の客に対する対応が丁寧なため、行列の回転は悪い。店内はゆったりとした空気が流れ、忙しさを感じさせない。はじめての客に対しても気軽に話し掛けてくれる。鮨飯には赤酢を使用。ほとんどのネタに煮きり醤油を付けているので、醤油を付けずそのまま食べれる。この値段でこれだけの寿司はなかなか食べれないと思う。

【注文したもの】
「旬魚」おまかせセット(3,670円)
※最後にサービス1品(好きなネタを選べます)

【その他のメニュー】
にぎり寿司(3,150円)
にぎり寿司(2,100円)

(黒板)たら白子、寒ブリ、春子鯛、かわはぎ
(店内品書)とろ、まぐろ赤身、中とろ、あじ、いくら、赤貝、あわび、甘えび、白魚、ほたて貝、うに、こはだ、たい、たら子、いか、ほっき貝、さより、ぶり、むつ、車えび、しまあじ、たこ、金目鯛昆布〆、さば、平目、小鯛、平貝、あなご、つぶ貝

【お店データ】
■住所:中央区築地5-2-1 (6号館)
■電話:03-3547-6797
■最寄駅:地下鉄大江戸線 築地市場駅 A1出口 徒歩5分
■営業時間:5:00~14:00
■定休日:日曜・祝日・市休日

中央区築地5-2-1


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/78

コメント

ここ、良さそうですね。変なネタもないようですし。
築地の寿司屋は連れて行かれたことはあるのですが、
観光地のお店という雰囲気でいい印象がなかったんですよね。
選択ミスだったのでしょうね。

でも、出勤前じゃ飲めないのが残念だな(^^;

こんばんは、TBありがとうございます。
お塩までチェックされてるとは流石です!
やはりこの日はどこも比較的空いていたようですね…。
今月はもう一度くらい築地に行こうと考えてます^^

以前、大和寿司さんへ行ってひどく意気消沈したのですが、周囲は必ず「寿司大さんだったら大丈夫なはず!」と慰めてくれます(笑)

早起きして行ってみなきゃ!
――でも何故か☆2(笑)

◆ロレンスさん
築地に本店があるとイメージがいいとか、そんな感じの店でしょうか。
築地で仕入れているかどうかも疑問な店あるようですね。
寿司屋でお酒っていいもんですよね。

◆小マメ太郎さん
どうも!ありがとうございました!
みんな黙々と食べてましたよね。
「これは何ですか?って何回も聞くから、お店の人はうるさかったかも知れませんね。

◆たけさん
すいません。☆2が妥当だと思います。
逆に僕は「大和寿司だったらね」と言われました。笑
寿司は築地より美味しい店、東京にたくさんありますよね。
今僕の中では「築地=高はし」ですから。
寿司ははじめから期待してなかったんです。

ここは、誰でも一度は行ってみてほしいお店ですねー。
味だけでなく、築地の大行列店のなかで接客サービスが
これほど好印象なのは、特筆すべき存在かと思うので。
 
ちなみに観光地的なチェーン店については、店内が
比較的広くて清潔感があるという意味で家族連れや
女性グループ客などには良い選択肢かも・・・と考えて
おります。二郎系でも一部の某店、私は好きでも女性を
安心して連れていけるかと言われたらビミョーなお店が
多いので、それと同じ意味で築地でもTPOによって
店の使い分けをと。

◆tsukijigoさん
接客サービス、ほんとに素晴らしいですね。お寿司屋さんはこうあるべきだと思いました。
TPOですよね。築地ほど懐の広いところはないですね。そういう意味でも築地はすごい所だと思います。

★2つだったので、すぐにコメントせず様子を見てました。正直なところ、全てのネタについて自信を持って評価できるほど経験がありませんので、そういうことはしませんでした。
大体巻物は「蟹」とか書いているくらいですから。(でも「ひもきゅう」でもなさそうな気がして、今日はえびではないかと思ったりしてます。)
でも、寿司大で多くの種類のネタを食べたというのは今後の判断基準となるという意味でよい経験をしたと思います。
寿司大の接客の良さが分かったので、いつか家族で人形町の「すしダイニング Plaisir (プレジール)」に行きたいと考えてます。

◆西新橋一時勤務さん
★2つなのでコメントに入れませんでしたか?
お店の方に聞いたら「ひもきゅう」ということでしたので、そのまま書いてます。
根拠がなくて自分の判断で書いてる部分は少ないんですよ。
勘違いされるといけないと思って「喫茶 岩田」で★のお話をしたんですが。。
コメント欄はみんなが見てる訳ですが、コメント自体はお1人に向けて書いています。
他の方が読まれると勘違いされる部分もあります。
★2の件ですが、具体的に銀座と赤坂に★3があって、代々木と銀座に★4の寿司屋があります。
★2と3と4は明確な差があります。相対評価として★2しか付けられなかったというのが真相です。
寿司大の魅力はやはり3千円台でこの内容というところでしょうか。
昨年父と行った寿司屋は、寿司大よりやや上という印象でしたが、20分の滞在時間で2人で6万くらいのお会計・・。
tsukijigoさんが言われるようにTPOだなと思います。

なるほど・・・ちょっと長文になりますが、補足させて下さい。

> 20分の滞在時間で2人で6万くらい
 
ひえぇ~い☆、って驚きましたが(笑)。
 
くに様の指摘ポイント、確かに納得できます。私自身も寿司大については「この値段で、この味と接客満足度!」という前提で評価しています。
 
お恥ずかしいことに、じつは私自身はお店の評価について確固たる基準がありません。
あえて言えば、築地で食べるものは魚河岸で働くオジサンのためのファストフード、もしくはその延長であってほしい、という願望が反映されています。
 
吐く息も凍るような魚市場で早朝から素手のまま、水と氷を大量に使って魚をさばく重労働をした人が、こごえるような状態で食事に訪れたとき、食べてみて「うまい!」と思う食事。

または酷暑のなか、「牛丼くれ!、でも暑いからメシは冷たいのを頼む」なんてワガママを言っても、当然のごとく「はいよっ!」対応してくれる店のサービス。
 
こういうのが、私の「5つ星ポイント」の基準と言えば基準かなと思います。
 
銀座の寿司と築地の寿司をくらべるのは、銀座のクラブで飲むロマネコンティと、富士山の頂上で飲むカップ酒、どっちが美味しいですか?、という話かなと思います。。。☆
まさにTOPですね。

長コメ失礼しました。 

◆tsukijigoさん
わざわざありがとうございます!
自分の理解が間違ってないことが分かってほっとしました。
「築地で食べるものは魚河岸で働くオジサンのためのファストフード、もしくはその延長」という意味では、一般の方のイメージ「築地=寿司」よりも「大森」とか「八千代」の方がより築地らしいのかも知れません。
だから「牛丼の聖地」でもあるのかなという気がします。
そのお寿司屋については、入店できない程の高級感(総大理石)で値札なし。そこで「適当に握って!あと刺身も適当に」という注文でした。で、高いお酒をガブガブと・・。お酒がなかり高かったと思います。ネタも築地を介さず産地から直送だと思います。
もう一つ、誤解を与えてしまうのは、普通は★3が平均ですが、うちは「★2=普通」です。寿司屋としての普通であって、居酒屋とかラーメンの★2とはまた別です。
ちなみに「★3=おいしい」、「★4=おすすめ」くらいの感じです。「おすすめ」はぜひ食べて欲しいとみんなにアピールしたいくらいおすすめなので滅多にありません。なので★2と3でほとんど全部になります。
寿司大については、接客が素晴らしいのと、この内容で3千円台は脅威の安さだと思います。ただ寿司については僕には難しいです。
築地の魚については今のところ「高はし」だけが僕にとって特別な存在です。

ご出勤前のお寿司、粋でございますのね♪
寿司大も大和寿司も
ランチ時にはオールウェイズ大変な行列が出来ておりまして、
未訪なんですのよー!
ネタにもともとお醤油がつけてあるという点は、
めんどくさがりご令嬢のワタクシにぴったり♪
3人で美味しそうなものばかり召し上がられたんですのね!

◆華麗叫子さん
次は大和寿司に行ってみようと思います。
僕もほぼ全てそのまま食べましたよ。
ちょっと赤酢が苦手でした。。
ついついパクパク食べてしまい、2つほど写真を逃してしまいました。

わかりました、「ひもきゅう」訂正しておきます。

「喫茶 岩田」での★の付け方のお話は良く覚えています。「寿司大」の★2つは「やっぱり」という感じだったのですが、他の方はどう受け止めるかな~と思ってすぐコメントせず様子を見てました。
私は直接くにさんから聞いたので、★2つは悪い評価ではないと知っていますが、他の方は普通★3つが標準だと考えるでしょうから、「寿司大」の評価が低いと受け止めるのではないかと考えた次第です。
私は高級なところで寿司を食べたことがありませんし、色々なネタを沢山食べたい方なので、「雛寿司」とかが良かったりしてしまいます。家族からは支持されないんですけどね。
そんな私は今のところ「築地=たけの」です。

◆西新橋一時勤務さん
「雛寿司」は僕も好きですが、2~3回目から露骨にネタが変わりますよね(笑)
★は評価ではないんですね。
要するに2でも3でも同じなんです。
僕の気分の問題なので。
★は寿司大のような店のためにあるのではなく、全く別の場面で必要になるのでつけてるだけです。
「たけの」は素晴らしい店ですね。
また行こうと思ってます。
あの寒ブリは美味しかった・・。

お・寿・司ーーーーーーーーーーーー!!!
たべたーい!
しばらく行ってないのよね。
いいなー。

◆バンビとヒメの姐さん
お忙しい中、来て頂いてすみません。
そうとう食べたいんですね^^;
では今度行きましょう☆

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)